HOME

【レッドリスト・特別天然記念物】ニホンライチョウが絶滅の危機に・・・!

2015/9/11 | 1,716 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

 
 

最近、上野動物園で人工繁殖をされていたニホンライチョウが全滅したとのニュースが話題になっています。
何故こんなにもニホンライチョウの繁殖が注目されていたのでしょう?
特別天然記念物?絶滅危惧?それって結局何?そんな疑問を調べてみました。
 
 

<ニホンライチョウ> 左からオス・メス
79234_1

出典 Wikipedia

 
 

ライチョウ(雷鳥)
日本の固有種である亜種ニホンライチョウは、国指定の特別天然記念物である。2005年の調査によれば新潟県頸城山塊の火打山と新潟焼山に約25羽、北アルプス朝日岳から穂高岳にかけて約2000羽、乗鞍岳に約100羽、御嶽山に約100羽、南アルプス甲斐駒ヶ岳から光岳にかけて約700羽生息しているとみられる。日本国内では合わせて約3000羽程度が生息していると推測されている。2007年には南アルプス北岳で絶滅したとの報告があったが2008年には生息が再確認されている。

出典元 ja.wikipedia.org

 
 

ライチョウは2万年前の氷河期に日本にやって来たのですが、氷河期の終了と共に大半が寒い北へと戻ったそうです。ニホンライチョウはその子孫と言う事ですね。
調べた所3000羽というのは1980年時点の数で、『現在は2000羽に減少している』との資料もありました。
全国で2000羽いるとしても、残念ながら上野動物園では絶滅してしまったのですね。
このペースだとあっという間に全国のライチョウが絶滅しそうですね・・・
 
 

◆ 特別天然記念物とは?

文化財保護法の規定で、天然記念物の内で特に世界的・国家的に特に価値が高いもの。
名称からも伝わりますが、つまり『世界の中でも貴重な存在なんですよ』という事なんですね。

 

◆ レッドリストとは?

国際自然保護連合(IUCN)が作成した、絶滅が危惧される野生生物のリスト。
IUCNだけがレッドリストを作成している訳ではなく、各国の管轄省庁も別に作成しているとの事。日本では、環境省や各県、学会などもレッドデーターブックを作成しているそうです。

 
 

ライチョウは、このどちらともに当てはまります。
(環境省:絶滅危惧IB類)
日本では江戸時代まで神聖な鳥として大事にされてきましたが、西洋思想流入と共に江戸以降乱獲されたそうです。
現在は環境省が生息域外保全計画を行っており、人工繁殖を『上野動物園』『富山市ファミリーパーク』に委託しているそうです。上野動物園はライチョウの近縁亜種であるスバールバルライチョウの繁殖に成功している為、今後の成功に期待が掛かっています。
ちなみに、富山市ファミリーパークに残っているのはオスのみで、今期の繁殖は絶望的だそうです。

 
 

ニホンライチョウの親子

出典 YouTube

 
 

>>絶滅に瀕している意外な原因とは?>>


 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る