HOME

ゴミだらけの下水道で人に脅えながら生きる二匹の兄妹犬が、本当の意味で救われるまで

2015/9/18 | 21,056 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

 
 

野良犬・野良猫、地域で大切にされたり、拾われたり、素敵な話は多々あります。
ですが、彼らの大部分が辿る末路の事から、我々は目を背けがちです。
 

現在日本では、年間約30万匹の犬猫が殺処分されています。
そしてアメリカでは、600~800万頭の野良犬・猫が捕獲され、その約4割にあたる270万頭が殺処分されているそうです。
(Humane Society of the United States 米国動物愛護協会調べ)

 
 

救われた二匹の兄妹犬


 

ロサンゼルスの下水道の中で、物音や影に酷く怯えながら、その二匹のプードルは暮らしていました。
80168_1
 
 

非営利動物保護団体のHopeForPaws.orgは、彼等の為に救出に乗り出します。
 
 

下水の中は、人が捨てたゴミだらけ。大量の蠅が飛んでいます。
悪臭も強烈なのではないでしょうか。想像以上に劣悪な環境です。
80168_4
 
 

突然入って来た人間に脅える二匹の犬。隅に隅に逃げながら、兄だろうと思われる方の犬が、小さな雌の犬を守るように覆い被さっています。
80168_5
 
 

人間を信頼して良いものか、疑うような、戸惑うような眼が痛々しいですね。
でも彼等は、首に縄を掛けても噛みついたりはしませんでした。
80168_6
もしかしたら、飼い犬だったのかもしれません。
 
 

この動物保護団体の方々は、とても大事に二匹を扱っていました。
犬の不安が強くなると立ち止り、自分達は安全な存在なのだと示しています。
80168_7
 
 

車に連れ込む頃には、少し心を許してくれたようです。
80168_8
暗闇から助け出された事に安堵しているかのような表情ですね。
 

こうして彼等は、劣悪な環境から救われました。

 
 

救われた彼らのその後、劇的な変化もご覧下さい。

>>次へ>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る