HOME

貧しい子供たちのために本を募った郵便配達員に感動!

2015/9/17 | 1,101 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

日本は食べ物も物資も有り余るほど満たされていますが、世界には貧困に苦しむ人々がたくさんいます。
アメリカのある郵便配達員の方が、そんな貧しい子供のために一念発起し、素晴らしいプレゼントをしてあげたエピソードをご紹介しましょう。
 
 

「何か読みたい…」郵便配達員に声をかけてきた少年

アメリカはユタ州で郵便局の配達員として働くロン・リンチさんが、いつも通り配達をしていたある日のこと。
 
12歳の少年、マシュー君が声をかけてきました。
 
 
「余ったチラシやダイレクトメールがあったら、くれませんか」

Facebook friends… This is Matthew Flores. Today while delivering mail to his apartment complex, I saw him reading ads,…

Posted by Ron Lynch on 2015年7月23日

 
何に必要なのかと思って話を聞いてみると、マシュー君は本が大好きだけれど、経済的事情から本を購入することができない。
図書館に行くにもバス代を捻出できないため、チラシやDMを本代わりに読んでいるというのです。
 
学校があるときは本を読めるけれど、学校がないときは前述のようにチラシなどを読んでいるとのこと。
かわいそうに思ったリンチさんは、SNS(Facebook)を通して多くの人に本の寄付を募りました。

 
 

SNS上の声掛けが大成功!

「彼の家に、ぜひ本を送ってほしい」
 
リンチさんの呼びかけは大反響を呼び、マシュー君の家にどんどん本が届き始めます。
その数、なんと500冊以上!!
80746_2

出典 abcNEWS

 
中にはずっと読みたかったハリーポッターシリーズもあったとのことで、大喜びのマシュー君。
 
「近所の子供たちと一緒に大切に読みます」と語ったそうです。

Some of the generosity from FB friends!

Posted by Ron Lynch on 2015年7月29日

 
 
日本では子どもに限らず『読書離れ』が進んでいると言われている中、こうして本を読みたいと思っている子がいると思うと、私たちも少し見習わなければと思わされますね。
 
大好きな読書をたくさんして、心の栄養をたくさん吸収してほしいです(^^)

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る