【感動】100歳のお婆さんは、なぜ3年間毎日早起きをし続けたのか?

2015/9/25 | 3,694 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ここ数年で人々のボランティア意識が高まったことにより、様々な形で貧困に苦しむ国や人々への支援が行われていますね。
しかし、自分の身を粉にして支援するというのはなかなか難しいのではないかと思います。
 
 

3年間ある目標のために早起きし続けたお婆さん

アメリカに暮らす2014年時点で99歳だったお婆さん、リリアンさん。
 
▼リリアンさんの試みは、海外のメディアで大きく取り上げられました
82543
 
リリアンさんはアフリカで貧困に苦しむ子供たちのために衣類をプレゼントするというチャリティ団体に参加しており、3年前から一日一着を完成させために毎日早起きをして、ドレスを作り続けていたのです。
 
そして、100歳になるまでに1000着のドレスを縫うことを目標としていました。
 
 
リリアンさんが2014年の夏の時点で完成していたドレスの数は840着。
 
それでも十分すごい数ですが、その後100歳になるまでに1000着という目標を達成することはできたでしょうか?
 
 

見事目標達成!

なんと100歳までに1000着の目標を大きく上回り、100歳の誕生日には1051枚ものドレスを縫い、見事目標達成となりました!
 
▼リリアンさんの縫ったドレスを来た子供たち。かわいいですね(^^)
82543_5
 
リリアンさんの縫うドレスは、少しずつパターンが違っていたり、フリルがついていたりして、1着足りとも同じデザインのドレスはないのだそうです。
 
子供たちの個性が出てよいですし、何よりリリアンさんの愛が伝わってきます。
 
 
▼リリアンさんに向けた「ありがとう」のメッセージ
82543_3
 
 

リリアンお婆ちゃんのチャレンジはまだまだ続く

「100歳という高齢になっても、人の役に立っていることが嬉しい」と語るリリアンさん。
 
今でも毎日子供たちにプレゼントするドレスを縫い続けていらっしゃいます。
 
 
82543_4
 
 

リリアンさんを取り上げているメディア動画

誰かの役に立つことの喜びを味わうリリアンさん。
お体に無理のないよう、今後もドレス作りに励んでいただきたいですね。
 

出典 WQAD.com

 
 
リリアンさんが参加しているチャリティ団体『Little Dresses for Africa』では、多くの人々を集ってアフリカの子供たちに衣類をプレゼントしています。
 
82543_6

出典 Little Dresses for Africa

 
洋服が好きでボランティアに興味があるという方は、ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る