【反抗期の時も毎日必ずお弁当を作ったお母さん】卒業する娘への最後のお弁当に感動

2017/1/6 | 23,111 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

毎朝、家族に『お弁当』を作っている、おかあさんたち。
毎朝、作ってもらった『お弁当』を持って出かける、家族たち。
 
当たり前のように受け取り、特に何も思わず『お弁当』を食す・・・ということもあると思います。
 
でも、ちょっと待って!!
「お弁当は、お腹を満たすだけのものじゃない」ということを思い出させられる泣ける絵本『きょうもいやがらせべんとう』
 
なんと作者は、よしもと・クリエイティブエージェンシー所属の芸人タケトさん!
そして、原作は「反抗期の娘に高校3年間、いやがらせキャラ弁を作り続け」、その記録が書籍化されベストセラーとなった今日も嫌がらせ弁当カオリ(ttkk)さん!!
 
原案の今日も嫌がらせ弁当とは、ちょっと違う『きょうもいやがらせべんとう』の世界観が、別の感情となって、あなたの心に届きます・・・

 
 

『いやがらせべんとう』に込められた母の愛

 

lunch1
主人公は「あっちゃん」という女の子。
あっちゃんはママが大好き!!
「大きくなったら、ママとケーキ屋さんをやるの」という可愛い夢を持っています。

 
 

ある日、ママとお散歩をしていた「あっちゃん」は、とあるお店で売られている可愛い髪飾りを見つけました。
lunch2
「ママー、このかみかざりがほしい」とねだる「あっちゃん」に
ママは「ママとの おやくそくを まもったらね」という条件を出します。

 
 
 

その約束とは・・・?
続きは次のページ>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る