HOME

【反抗期の時も毎日必ずお弁当を作ったお母さん】卒業する娘への最後のお弁当に感動

2017/1/6 | 23,767 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

 

そのお約束とは、「あしたの お弁当を全部食べること」
lunch3
次の日のお弁当の中には、「あっちゃん」の大嫌いなニンジンが。
「あっちゃん」は泣きながら大嫌いなニンジンを食べます。
「ママのいじわるー!」

 
 

ママは、毎日夜中遅くまで仕事をしています。
lunch4
しかし、どんなに遅くまで仕事をしても、朝にはきちんと「あっちゃん」のお弁当を用意しました。
ある夜、「明日は学校まで迎えにきてほしい」とねだる「あっちゃん」。

 
 

いつものように「おやくそく」のお弁当をあけると、ママからのいやがらせのような「なぞなぞ」が入っていました。
lunch5
そのなぞなぞに答えられない「あっちゃん」は、とぼとぼと1人で帰りました。

 
 

その後も、何年も何年もママは「あっちゃん」のお弁当を作り続けますが、
いつしか「あっちゃん」はお弁当を喜ばなくなり、母と娘のコミュニケーションも減っていきます。
lunch6

 
 

続きは次ページへ>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る