『もう離さないんだから!』ギュっと抱きついてくるカワウソが可愛すぎる(*´Д`)

2015/10/9 | 4,779 PV |

可愛い・癒し

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

普段、動物園でしか会うことがないコツメカワウソたちと一緒に暮らしているRYUSUKE@jamworldmixjamさんが、イタチ好きには鼻血モノのカワウソとのアマアマな暮らしの様子をTwitterで公開しています!
本っっっ当に!羨ましい!!!という感想しか浮かびませんw

 
 

『もうどこにもいかないでー!!!』というカワウソの叫びが聞こえてきます

カワウソ:『キュー!キュー!(○・`Д´・○)』
【訳:どこいってたの!?もう離さないんだからー!!】

 
・・・う、うらやましすぎる。
 
まず、自宅でコツメカワウソを飼っているということに驚いたのですが、RYUSUKE@jamworldmixjamさんはカワウソ2匹のほかにも、ベネットワラビー、そしてガラゴとアフワシの飼育をされているそうです。
 
・・・ワラビー飼ってる人を始めて見ましたよ、私。
 
 

カワウソって家で飼えるの??

 
ずばり『飼えます』
というのも、日本にはカワウソの家庭での飼育を規制する法律が無いようです。
 
飼育環境も

・定期的に水浴びができる(お風呂や子供用プールで代用可)
・不在時は犬猫用のゲージ内でお留守番できる(でも1日1回はケージから出して遊んであげましょう)
・エサもフェレットフードを中心に、魚や甲殻類を与える

という条件が整えば、十分に飼育はできるようです。
 
 
コツメカワウソに関しては、ツメがとっても小さいので、ツメでケガをしたり家や家具を傷つけるという心配が少ないことと、成体のサイズも最大体長で約64cm程と自宅内で飼育するにも無理のないサイズであるということも魅力の一つです。
マレーシアでは飼いならしたコツメカワウソを使い漁業をしているそうですよ。
 
ただし、ペットとして販売されているカワウソはかなりの高額であるということと、
万が一、ケガや病気にかかった場合に、一般のペット病院では診察してもらえない可能性もある
ということを考慮すると、
『買うこと』はできますが『気軽には飼えない』という生き物であることは間違いありません。
 
 
RYUSUKE@jamworldmixjamさんは、そういった飼育環境についてもきちんと整えてらっしゃる方なので、『でも・・・かわゆいカワウソたんを見たいんだもん・・・』というイタチ好きのみなさんは、ぜひRYUSUKE@jamworldmixjamさんのツイートをチェックしてみてくださいね☆

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る