HOME

【描いた未来と合ってる?】バック・トゥ・ザ・フューチャーの未来と現実の差を比較したら…

2015/10/19 | 21,578 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2015年10月21日。
なんの日だか覚えていますか?

 

1989年、私たちが『バックトゥーザフューチャー2』の中で、
主人公のマーティ・マクフライと、エメット・ブラウンことドクと共に、2015年10月21日に旅立つシーン。
1989年当時は、まだまだ先の見えない「未来」だと思いながら観ていたあのワンシーン。

 

そう、あの「未来」がまさに今なのです!

 
 

その2015年10月21日に合わせての取り組みで、国内外で様々な取り組みが行われております!

 
 

マーティとドクの対談


出典 YouTube

 

こちらは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』での名コンビ・マーティとドクの、マーティ役を演じたマイケル・J・フォックスさんと、ドク役を演じたクリストファー・ロイドさんが再会し、対談をしている動画。

10月21日にはこの動画の全編が公開されるそうです。

 
 

日本全国を回るデロリアン走行プロジェクト!

 
我が国日本では、
「FUKU-FUKU×BTTF GO!デロリアン走行プロジェクト」
なるものが今、全国を回ったりしているそうです。
あなたもあこがれのデロリアンに乗れるかも?!

 

 
 

さて。
映画の中で「未来」と言われていたシーンが現代だとすると
1989年のあの時に、ロバート・ゼメキス監督やスピルバーグ監督が
どのように2015年を描写していたのかが気になるところ。
 
ところが!
 
あまりにも正確に未来予想しすぎていると話題になっています!

 
 

次のページへ急げ!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る