【海外旅行に便利】華氏(℉)から摂氏(℃)に温度を簡単に変換する方法

2015/11/2 | 8,422 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

海外旅行に行く時
渡航先の気温って気になりますよね。
 
「この時期この国は何度くらいなんだろう?」
 
なんて考えたりしますが
国によっては温度の表記が違うから困りもの。
 
渡航先の天気予報を見ても???となりがちです。
 
 
温度には「摂氏」と「華氏」があります。

 

日本の温度は「摂氏」ですね。
華氏を主に使っている国は英語圏で、まず、アメリカ。
イギリスも日常的に使うのは華氏(低い温度だけ摂氏で表すこともあるとか)。

 
さて、摂氏と華氏、どう違うのでしょう?

 
 

ファーレンハイト(摂氏)とセルシウス度(華氏)

a
アメリカなどで60℉(華氏)と言うと、日本では15.6℃(摂氏)。
ピンと来ませんね(笑)
 
実は、華氏を摂氏に変換するとっても簡単な方法があるんです。
 
これを覚えておけば、渡航先の温度がわかり
どんな服を持っていくかなどの準備もバッチリです。
 
    
では、華氏を摂氏に変換するとっても簡単な方法を
次のページで見てみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
23926_3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

rockheartic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る