アメリカの新生児集中治療室で30年働く看護師に感動の出来事が・・・!!

2015/10/20 | 27,575 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

 
 

日本では、看護師と言えば白衣の天使と言われています。
夜勤による不規則な生活、看護師不足による激務や長時間労働、肉体的にも精神的にも大変な仕事ですが、「報われた」と思えるような、感動する素敵な出来事が海外の病院で起こりました。
 
 

NICUで30年以上勤務するナース


 

生まれた時に殆どの方が必ずお世話になる産婦人科。
妊婦さんが赤ちゃんを産むだけの施設でしょ?そう思われる方も居るかもしれませんが、妊娠と出産には様々な危険が伴います。
今回の主役『レニー』さんが働く場所はジョージア州の病院のNICU(新生児集中治療室)、重病の新生児や未熟児の様子を24時間看護し続ける、常に緊張状態を強いられる非常にストレスが多い部署です。
 
 

90048_6

 
 

NICUに来る赤ちゃん達は「いつどうなるか分からない状態」であり、責任の重大性とストレスによって精神的に病んでしまう看護師も少なくありません。
レニーさんは30年もの間、献身的にNICUで働き続け、多くの赤ちゃんや家族に関わって来ました。
 

90048_1

 

そんなレニーさんに、感動的な出来事が起こったのです。

 
 

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る