関西と関東のくずもちの違いあなたは知っていますか!?

2015/11/2 | 7,978 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

くず餅といえば・・・
関東では、白くてひし形、食べると少し弾力があり歯ごたえがありますが、
関西では、透明でぷるぷるとした食感・・・
なにやら、関東で関西では、同じ名前の「くず餅」でも種類が違うようなのです。

 
 

▼こちらが関東のくず餅
kuzumochi.3

出典 flickr

白濁でひし形ですね。
関東育ちの方はこちらのくず餅に慣れ親しんでいるかと思います。

 
 

▼こちらが関西のくず餅
kuzumochi.2

出典 flickr

透明でぷるんとして、柔らかそうな食感です。

 
 

では、何が違うのでしょうか・・・??
 
実は、関東と関西では、くず餅に使う原料そのものが違うのです!!

 
 

関西のくず餅

くず(葛)餅の名の通り、原料に葛粉を使用します。
 
葛粉の原料となるクズはマメ科の多年草で、全国の森に広く分布していますが、奈良県吉野で取れるクズは特に良質とされ、同地域で加工した粉は「吉野葛」として有名だそうです。

 
 

では、関東はというと・・・

 
 

関東のくず餅

関東のくず餅は、原料に小麦を乳酸菌で発酵させた小麦でんぷんを使用します!!
 
え・・・!?
 
ということは、関東のくず餅はにせもの!!??
くず(葛)餅なのに、原料に『葛』を使ってないなんて・・・!!??
 
と思ったあなた・・・
 
実は、関東のくず餅も、正真正銘のくず(葛)餅なんです!!!
 
 

その秘密は・・・
↓↓↓
次のページで大公開!!!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

253795_ic (2)

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る