HOME

漢字とはなんと奥深いモノか!いつも使うその漢字の本当の意味を知っていますか?!

2015/11/23 | 1,367 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ついつい書こうとした漢字が出てこなくて
携帯やパソコンで漢字変換!
一番最初に出た漢字をそのまま使っていませんか?
 
ちょっと待ったーーーーーー!
 
その意味を良く調べてみると、自分の思っていたのと違う!
…なんてことが実は、意外とあるのです。
そこで今回は、良く使う言葉からちょっとマニアックなものまで
読み方は一緒でも、使い方が違うものをいくつかご紹介します。
 
 

わかる

分かる:一般的に知識・理解がある。
判る:どれを判別すればいいか判断できる。
解る:問題を解決できて、その理解ができる。
 

はかる

図る:あることが実現するように企てる。
計る:時間や数などを数える。または、考える。
測る:長さ・高さ・深さ・広さ・程度を調べる。または、推測する。
量る:重さ・容積を調べる。または、推量する。
 

あげる

上げる:位置・程度などが低い方から高い方に動く。与える。声や音を出す。
挙げる:表明する。結果を残す。執り行う。捕らえる。
 

こたえる

答える:解答をする。返事をする。
応える:応じる。報いる。
 

すすめる

勧める:そうするように行為や働きを掛ける、促す。
薦める:推薦をする。
 

かた

形:目に見える形状。フォーム。
型:既に決まっている形式。タイプ。
 
ここまでは、割りと良く使う言葉を挙げてみました。
 
 
さて、最後はちょっぴりマニアックな言葉を紹介します。
 
 
kanjiji

出典 Flickr

 
 

ひげ

髭:上唇の上に生える、口ひげを表す。
鬚:顔から顎の下にかけて生える、顎ひげを表す。
髯:もみあげとの区別が難しい、頬ひげを表す。
 
 
最後の一つはちょっとした豆知識!?
是非、雑学ネタとして披露してみてください。
 
 
 
ちなみに、漢字の雑学をもうひとつ。
現在、日本で使われている漢字の中で、最も画数の多い字は何か知っていますでしょうか?
 

正解は!

 
 
 
 
『麤』

 
 
「鹿」を三つ書いたこちらの漢字。
一般人にはあまり馴染みのない字ですが、国文学者や漢文学者の間ではよく知られているそうです。
この漢字の音読みは「ソ」、訓読みは「あら(い)」だそうです。
 
33画の漢字だそうです。使う日が来ることはあるのでしょうか??

 
 
 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る