【毎年やるのに意外と知らない?!】ボジョレー・ヌーヴォー“解禁”の秘密に迫る!

2015/11/2 | 1,992 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られるワイン(ボジョレー)の新酒(ヌーヴォー)であるボジョレー・ヌーヴォー。
 
毎年恒例となっている解禁日。
今年の第三木曜日は、11月19日!!!
再来週が楽しみですね♪ J◎-◎しΨ☆Ψ(´┏∀┓` )ルネッサーンス♪

 
 

また、キャッチコピーも毎年楽しませてくれます。

 
 

▼過去のキャッチコピー一覧

≪1998年≫「10年に1度の当たり年」
≪1999年≫「品質は昨年より良い」
≪2000年≫「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
≪2001年≫「ここ10年で最高」
≪2002年≫「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
≪2003年≫「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
≪2004年≫「香りが強く中々の出来栄え」
≪2005年≫「ここ数年で最高」
≪2006年≫「昨年同様良い出来栄え」
≪2007年≫「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
≪2008年≫「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
≪2009年≫「50年に1度の出来栄え」
≪2010年≫「2009年と同等の出来」「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
≪2011年≫「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」
≪2012年≫「ボジョレー史上最悪の不作」「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」
≪2013年≫「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
≪2014年≫「2009年の50年に一度のできを超える味わい」「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」

 
 
個人的には、2001年から2003年の流れは最高です。笑
 
 

発売日は11月第3木曜日の午前0時

1985年より、販売日、いわゆる「ボジョレ―解禁日」と言われるのは、毎年11月の第3木曜日の午前0時と定められているのですが、これには何か理由があるのでしょうか?
 
まぁ、美味しいワインが飲めればそんなことどうでもいいじゃんと思われる方もいらっしゃると思いますが、なぜそもそも解禁日がこないと販売ができないのか。
 
気になりませんか?
 
気にならない?あ、そう。
 
ですがまぁちょっと足というか指を止めていただいて、ボージョレ解禁の謎についてよろしければ解説させていただきたいと思います。

 

10984654433_d4770efd20_z

出典 YouTube

 
 

それでは“解禁”しちゃいます♡
↓ ↓ ↓
次のページへ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post96994_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る