江戸時代にも仮装パーティーなるものが存在した?!天保十年のハロウィンはこれだ!

2015/10/30 | 12,673 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今年もハロウィンの時期がやってきて、イベントも盛んにおこなわれ盛り上がってきてますね!
そんな中あるTwitterユーザーがコメントした絵がなんとも的確で面白かったのでご紹介します。
それが、実は、江戸時代には既にハロウィンのような仮装して楽しむパーティーなるものがあったというのです!

 
 

京都で大流行の仮装踊りを表した『蝶々踊図屏風』


出典 Twitter

 

こちらは、江戸時代後期、天保十年(1840年)に小澤華嶽によって描かれた屏風です。
京都で大流行した「仮装踊り(チョイチョイ踊り)」とも言われています。
1年の豊作を願った願掛けの一種とも考えられているそうですが、その様子がまさに現代で騒がれているハロウィンと意外にもそっくりでした!

 
 


出典 Twitter

 
 

もうちょっとズームにして見てみましょう!
<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る