HOME

【珍味のカツオドリがイベントで食される?】動物保護について、どう思いますか

2015/11/28 | 1,269 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今年イギリスのルイス島で行われたある世界選手権が、物議を醸しています。

 

選手権の大会内容に、珍味と言われるカツオドリを食べてレースを行うという行為があるので、動物保護を唱える団体から非難の声が上がったのです。

 
 

そもそもカツオドリとは?

 

下の写真のような白い羽を持つきれいな鳥です。数期にもわたって、カツオドリは同じつがいの相手と過ごすのだそうです。

 

14990838091_af7f0fb532_b (1)

出典Flickr

 
 

このカツオドリ、イギリスではすでに保護種なのですが、ルイス島に限り、年間2000羽までなら狩って良いと許可が下りています。理由は、何百年もの間ルイス島のネス地域の住民は、カツオドリを伝統的な地元の料理として食べてきたからです。
「グーガ狩り」と言い、昔からカツオドリの幼鳥を捕って食べる風習があるそうです。
 
気になるお味はというと・・・

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る