モンペ
2014/10/16 | 4,169 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

【こわっ!】本当にあったモンスターペアレンツの実態

「可愛いわが子のためならば!!!」
親なら誰しも思うことだと思います。

しかし、その愛行が行き過ぎたために起こる珍騒動、まさか!と思うような驚きの様子が数々報告されています。

 

公共交通機関でのマナーの問題はよく見聞きしますね。しかし、そこで大人として正しい態度をとれない親、かなり問題あると思います。

 


「謝罪しろ」担任教諭を松葉づえでたたき、土下座させる 保護者の女を逮捕 大津
子供が通う小学校の教諭2人を松葉づえで殴ってけがをさせたうえ土下座をさせたなどとして、滋賀県警大津北署は21日、傷害や強要などの疑いで大津市内の無職の女(41)を逮捕した。容疑を認めているという。

出典 sankei

この事件は、「子供がいじめられた」ことが発端。
親ならば、守ってあげたい、解決したい!思いは当たり前。
ですが、その思いが行き過ぎた行動となってしまったのでしょうね。

 

うーん・・・ これ、分からなくもない・・・と思ってしまいましたが、最近はラッシュガード着用も増えているようですね。 いちいち対応しなければならない学校側も大変です。

 

明らかなモラル低下!!人としてその考え方はどうなのかと疑ってしまいます!

 

そのうち、家の中で起きたことも学校のせいにしそう・・・コワイコワイ(@_@;)

 

家の中のことも学校のせいにしちゃったよ!!

 

呆れてモノも言えません。

 

中にはこんな方も・・・

私ってモンスターペアレント…?
私にはもうすぐ2歳になる息子がいるのですが、近くの保育園が定員オーバーな為遠くの保育園にバスで通っています。
先日保育園の帰りにバスに乗ると身動きもとれない程の混みようでした。
一本後のバスに乗ればいいかもしれませんが田舎な為一時間に一本しかバスが走っておらずタクシーは3000円以上かかる上になかなか来ません。
時間も遅かった(20時)為仕方なく満員のバスに乗りました。
乗客は皆、息子をチラチラと見てから寝たフリをしたりイヤホンをつけたりして席を譲ってくれそうにもなかったので立っていたのですが(抱き上げるスペースもありませんでした)、ふらつきながらも必死に立っている息子が可哀相になってきて目の前の優先席に座っていたサラリーマンに「まだ小さい子供なんで席を譲ってもらえませんか?」と尋ねるとものすごく嫌な顔をされました。
この事を某SNSに書き込むと「モンスターペアレントだ」「過保護すぎる」「嫌な顔されて当たり前」と言われました。
モンスターペアレントの話を聞く度にそんな親にはなるまいと育児をしてきたつもりですがもう自信がありません…
私はモンスターペアレントなのでしょうか?

真剣に悩んでいらっしゃるご様子・・・

サラリーマンに対しての発言は、完全にモンスターペアレントだと思います。

しかしながら、そもそも20時にバスに乗ることになるような仕事をされていることが問題ですね。
子供のことを考えておられるなら、時短勤務なり、職を変えるなり私ならします。

ふらつきながらも必死に立っている息子が可哀相?
違います。
そんな時間にバスに乗せること自体が可哀想なんです。

シングルマザーだ田舎だなんだと言い訳をする前に、環境を変える努力でもしてください。
あなたの都合に振り回される子供が可哀想です。

出典 yahoo!知恵袋

↑この方、可哀想・・・と感じたのですが、この投稿に対するレスポンスの殆どが投稿主を批判するものでした。
しかし、ネット上のことだから・・・とスルーできない何かを感じました。違和感です。
「モンスターペアレント」という言葉が定着してきたことによる弊害の悪い例だと思います。

*************************************
電車に乗った時、外出した時、たしかに不愉快になるような状況に遭遇することはあります。
もしかしたら、お子さんをお持ちの方は毎日毎日何かしらのトラブルを見聞きしているのではないでしょうか?
また、学校の先生方は今も頭を抱えてるのでしょう。

「モンスターペアレント」という名前が浸透してきたということは、少なからず社会が傍若無人な保護者に対して不愉快に感じているという証拠なのだと感じます。

しかし、それは本当に「モンスターペアレント」に限ることなのでしょうか?

人は誰しも「モンスターペアレント」や「モンスターカスタマー」など、なにかのモンスターになってしまうことがあると思います。

自分が何かのモンスターにならないよう、他者に対する思いやりを持ち、穏やかに接する努力をすることも大切なのです。

まずは自己意識から、心がけたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post230015_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post230813_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る