大阪『西梅田駅』切符のパンチカスで作ったドットアート。製作者の一言 「もう二度としない」

2015/11/11 | 5,374 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

大阪の『西梅田駅』に設置されている切符のパンチカスで作ったドットアートの画像が話題になっています。

 

最近は、Suicaや、PiTaPaなどが主流になっていることから切符を使う機会も少なくなりましたが、切符を自動改札機に通すと、丸い穴があけられますよね。

 

出典 Twitter

 

その丸く切り取られたパンチカスを使って、なんと地下鉄のホームに電車が停車しているドットアートを作ってしまったというのです。使ったパンチカスの数は、なんと153,600粒!!

 

制作者のコメント「もう二度としない」(笑)

 

こちらがその地下鉄のホームに電車が停車しているドットアート。

出典 Twitter

 

パンチカスだけでこんなに精度が高いドットアートを作れるなんて。どれだけの時間が掛かっているんでしょうか。

 

このドットアートを近くで見てみると、物凄く細かい作業をしていたことが伺えます。次のページでご紹介!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る