【2017年最新版】使い分けよう!ビデオオンデマンドのサービス比較・まとめ

映画に、ドラマ、アニメ、さらにはバラエティ番組まで。


今やそのすべてがいつでもどこでも見放題の時代です。


月額固定の利用料を支払うだけで、何千、何万もの映像コンテンツが見放題になるんです。


すでにそいうった見放題動画サイト(ビデオオンデマンド)がたくさん存在しています。


これをご覧の読者の中にも「もう使ってるよ」という方もいるかもしれません。


もしくは「まだ使ってないよ」という方もいるかもしれません。


ただ正直数が多くなりすぎて、どれも似たり寄ったりな見た目なため、どのサービスに加入していいのかわからなかったり、とりあえず安いものに加入したためにコスパが悪くなっていたりすることが多いようなんです。


そこで!


今回はそんなビデオオンデマンドを徹底的に比較し、読者の方の利用シーンにあわせて最適なサービスに出会える記事を執筆していきたいと思います。


どれがいいの?比較ビデオオンデマンド一覧


1.『TSUTAYA DISCAS』
2.『U-NEXT』
3.『hulu』
4.『dTV』
5.『DMM見放題chライト』


『TSUTAYA DISCAS』


vod_matome_001


T-MEDIAホールディングスが運営するビデオオンデマンドです。全国的に店舗をもつTSUTAYAならではの品ぞろえと、他のビデオオンデマンドにはない特殊なサービス内容が特徴的です。


『TSUTAYA DISCAS』の特徴
〇 最新作を惜しみなく見たい方に最適な宅配レンタル
〇 見放題サービスとセットだからいつでもコンテンツを視聴可
〇 TSUTAYAならではの豊富なラインナップ
〇 入会後30日間無料!


ビデオオンデマンドであるTSUTAYA TVと、宅配レンタルサービスであるTSUTAYA DISCASを併せた「動画見放題 & 定額レンタル8」のプランがお得です。


TSUTAYA DISCASは、プランによって毎月決められた数のDVDを自宅に届けてくれる宅配レンタルサービスです。この宅配サービスではDVD23万タイトル、CD17万タイトルと膨大な数のタイトルから選択でき、ビデオオンデマンドでは見れない作品を自宅にいながら見ることができるのが特徴です。


自分が観たいDVDをスマートフォンのアプリなどで登録するだけで自動的にDVDが自宅に届けられ、返却するときはお近くのポストに投函するだけ。


返却すると次に観たいと登録されたDVDが自宅に届くので、最新作を惜しみなく見ることができます。


ちなみに返却期限や、延長料金なども一切ないのも◎なポイントですね。


TSUTAYA TVは、過去作品などをネットで視聴可能なビデオオンデマンドになっており、50,000本もの品揃えが用意されています。


「動画見放題 & 定額レンタル8」では、毎月8本のDVDを宅配レンタルで届けてもらいつつ、合間に見放題対象の動画をいつでもどこでも視聴可能です。


お得な使い方としては、見放題にはない最新作などを宅配レンタルで頼みつつ、DVDが届くまでの間は見放題動画を見ておくという使い方できます。


常になにか映画やドラマなどを見ていたいエンタメ大好きな人にとっては、物凄くコスパの高いサービスであることは言うまでもありません。


↓↓TSUTAYA DISCASへはこちらから↓↓↓
dis_ttv300_250



『U-NEXT』


vod_matome_002


次に紹介するサービスは、USENから独立した株式会社U-NEXTが運営するビデオオンデマンド『U-NEXT』です。


『U-NEXT』の特徴
〇 とにかく配信コンテンツ数が多い
〇 映像だけでなく、電子書籍も読める
〇 最大4アカウントまで発行可能で家族に嬉しい


U-NEXTの最大の特徴は、「配信コンテンツが多い」ことと、「映像だけでなく電子書籍も読める」ということです。


映像本数は、120,000本以上と他の追従を許さない圧倒的なボリュームです。


洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流、アニメ、バラエティなどジャンルも豊富で、世代を問わず、楽しめるラインナップになっています。


さらに、最新作の配信スピードも速く、常に見るコンテンツに困らないのは非常にうれしいポイントです。


月額料金が他よりも高く見られがち(1,990円)ですが、これには訳があります。


実はこの1,990円には、映像の見放題に加えて、雑誌も読み放題!


さらに、毎月1200円分のポイントも付与されちゃうんです!


「見放題なのに、ポイント?なにに使うの?」


と思われた方もいらっしゃいますよね?


U-NEXTは他と違う特徴的な料金体系になっています。


U-NEXTの配信コンテンツ(映像やコミック、書籍など)は、見放題のものとそうでないものがあります。


見放題ではないコンテンツは、ポイントを使ってコンテンツを購入することで視聴したりできるんです。


つまり、1200円分のポイントとはそれらのコンテンツを購入するためのポイントなんです。


もちろん見放題だけでも充分なコンテンツなのですが、見放題のビデオオンデマンドはどこも最新作がほとんどありません。


U-NEXTのポイントを使って視聴できるコンテンツには、これらの最新作や、話題作も含まれているためどっちも楽しみたいと思われる方には最適なビデオオンデマンドとなってくれるでしょう。


また、ポイントは電子書籍の購入にも使うことが可能です。


最新コミックや、話題の書籍など豊富にラインナップされた電子書籍からお好きなものを選んで購入可能なんです。


さらにもうひとつ嬉しいポイントが!


なんと一度加入すると、4つまでアカウントを発行することができます。


例えば、家族や、友人グループ、恋人と一緒に使うことで、見放題コンテンツはどのアカウントでも見放題です。


ポイントも共有できるので、1200ポイントを人数で割ってもいいですね。


またお子様のいる家族で使う場合、「勝手に有料作品を購入されてた!」「年齢制限のあるコンテンツを勝手に子どもが見てた」などが心配になると思いますが、お子様が使うアカウントにはそういったものが閲覧できない、購入できないといった制限が可能なので安心して使うことができます。


これらのことを総合的に考えると、1人で使うよりも、家族や友人、恋人などと一緒に使うのがおすすめなビデオオンデマンドですね。


↓↓U-NEXTへはこちらから↓↓↓
vod_matome_003



『hulu』


vod_matome_003


huluはアメリカで誕生した月額固定のビデオオンデマンドサービスの先駆けとなったサービスです。huluが日本に上陸したことで国内でも月額固定のビデオオンデマンドが拡大したといっても過言ではありません。


『hulu』の特徴
〇 海外ドラマ・映画のラインナップが豊富!
〇 日テレで放送中の人気ドラマ、バラエティ・アニメ、過去作品まで見放題
〇 複数端末でシームレスに再生される機能が便利


huluのラインナップは、なんといっても海外ドラマが豊富に取り揃えられているのが特徴です。


日本でも人気の作品「24」や、「LOST」、「プリズンブレイク」、「クリミナルマインド」「HEROES」などの話題作に加え、圧倒的なスケールで描かれるファンタジー作品「ゲーム・オブ・スローンズ」や、huluから人気が出たといっても過言ではない「ウォーキングデッド」、さらにはアメコミをドラマ化したものなど、実に様々な海外ドラマを楽しむことができます。


話題作でなく、聞いたことのない海外ドラマでも、見てみるとどんどんハマってしまう作品が数知れず、どんどん海外ドラマの世界に引き込まれること間違いなしです。


さらに2014年4月に、huluが日本テレビの子会社による運営に変わったことで、国内のドラマや映画、バラエティ番組のラインナップも増加しています。


特に日テレの番組は、最新放送もすぐにラインナップに加えられるため、「ヤバイ!ドラマ見逃した!」と思っても、huluで見れば問題なしです。


価格も月額933円ですべて見放題!なので、海外ドラマ、映画が好き!という方にとってのコスパ物凄く高いと言えます。


同じ量をレンタルしたらと考えると、恐ろしいくらいの量を見ることができますよ!


さらにhuluでもうひとつ素晴らしい機能があります。


それはシームレス再生機能といって、複数の端末で再生状況が引き継がれる機能です。


例えば、帰宅中に電車の中で映画を見ていたとして、降車するので途中で停止したとします。自宅のテレビでhuluを開くと「続きを視聴する」というボタンが出てきて、一時停止したタイミングから再開できるという優れものです。


これが本当に便利で、本当にいつでもどこでも好きな映像を見れるようになるんです。


海外ドラマが好きな方は、絶対にhuluがイチ押しですね!


↓↓huluへはこちらから↓↓↓
vod_matome_004



『dTV』


vod_matome_004


dTVは、NTTdocomoが運営する月額固定のビデオオンデマンドサービスです。U-NEXTと並び圧倒的にコンテンツの配信量が多いのが特徴ですが、U-NEXTとは違い映像に特化していて、最近では「4K配信」も始まっています。さらに動画をダウンロードできるというのも特徴的です。


『dTV』の特徴
〇 配信コンテンツが120,000本と圧倒的なラインナップ!
〇 月額500円で見放題というコスパが嬉しい
〇 利用状況に応じて選べる画質、「4K配信」も!
〇 スマホやタブレッドに動画をダウンロード可!


dTVは月額たったの500円で、120,000本もの映像コンテンツが見放題というコスパの高さが嬉しいポイントです。


ラインナップは、名作ばかり。


最新作はもちろん少ないですが、過去の名作がずらーーっと並んでいます。


気になっていたけど見ていなかった作品って結構ありますよね?


時の流れとともに忘れてしまっていますが、dTVを見ていると「あ!これ見てみたかったんだ!」と思う作品がたくさん出てきます!


作品のジャンルも豊富で、映画やアニメ、韓流などのコンテンツが特に強いと思われます。


また、最新作は別途購入することで、レンタルすることも可能です。


同じ配信本数のU-NEXTとは違い、dTVは映像に特化しており、他のビデオオンデマンドにはない画質を選択する機能がついています。


「普通」「きれい」「すごくきれい」「HD」の4つから選択可能です。利用状況に応じて画質を選択すると良いと思います。


また、2015年11月頃より、4K画質での配信も開始されています。自宅のテレビが4Kの場合は、すごくきれいな映像を楽しむことができますよ。


まだビデオオンデマンドで4K対応は珍しいので、ひとつの特徴になると思います。


さらに嬉しいのが、動画のダウンロード機能です。


自宅のwi-fi接続時に、スマホやタブレットに動画をダウンロードしておき、外出先で見ることが可能です。


4G環境で動画を見ると、すぐにキャリアの上限を超えてしまいますが、これがあればそういった心配も無用!外出先でも気兼ねなく映像コンテンツを楽しめるのは嬉しいですよね!


↓↓dTVへはこちらから↓↓↓
vod_matome_006



『DMM見放題chライト』


vod_matome_006


DMM.comが運営する月額固定のビデオオンデマンドです。様々なジャンルのコンテンツが提供されていますが、やっぱりグラビア、アダルトが非常に強いのが特徴です。


『DMM見放題chライト』の特徴
〇 グラビア・アダルト作品が豊富
〇 特定のユーザーには嬉しいジャンル特化型
〇 月額500円という安さが魅力的


アダルト動画配信に圧倒的な強さを誇るDMMが提供する月額固定のビデオオンデマンドサービスだけあって、一般動画ではグラビアや、アイドルのイメージビデオが非常に豊富です。


人気作品を見てみると、グラビア系がずらーーっと並ぶため、ユーザーもそれを求めてきていることがわかります。


また、グラビア以外では、スポーツのHowTo動画、パチンコ・スロット、麻雀などの攻略法、ホラー映画などが比較的に充実している傾向にあるようです。


ここまで紹介してきたビデオオンデマンドとは、ジャンルで差別化されていて、好きな方には圧倒的に好まれるサービスだと思いますね!


配信コンテンツ数は5000本以上なのですが、これにプラスしてR18コンテンツが2000本以上視聴可能で、月額500円というのは非常に安い!


ジャンル的にレンタルショップで利用しづらいものなので、ビデオオンデマンドとの相性はバツグンのはず。加えてたったの500円でこれだけの数のグラビア・アダルト動画見放題なので、好きな方にとってのコスパは非常に高いはずです!


↓↓DMM見放題chライトへはこちらから↓↓↓
vod_matome_007



いかがでしたか?


本記事でご紹介したビデオオンデマンドは、どれもコスパの高いものばかりですが、お使いになる皆さんの利用シーンによって使い分けることをおすすめします。


例えば、


〇 毎月充分な最新作を見たい方は『TSUTAYA DISCAS』
〇 映像だけでなく、電子書籍も一緒に楽しみたい、もしくは家族などグループで使いたい方は『U-NEXT』
〇 海外のドラマや、映画を中心に楽しみたい、または日テレが好きな方は『hulu』
〇 国内、海外とわず、広くいろんな映像を高画質で楽しみたい、または外出先での視聴したい方は『dTV』
〇 グラビア・アダルトなコンテンツを楽しみたい方は『DMM見放題chライト』


のように使い分けると、サービスの特徴を活かした使い方ができると思います。


これから使う方はもちろん、既に別のものを使っている方もこれを機会に見直してみてもいいかもしれませんね。
ページトップに戻る