@Heaaart

『ボイル』や『炒め』を超えるウィンナーの調理方法に驚愕 「これは間違いない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

ウィンナーソーセージのおいしい食べかた!

ウィンナーソーセージには、それぞれメーカーごとに「おいしい」とされる調理方法があります。

「ただ焼くだけ」「ただボイルするだけ」とは違う、こだわりの調理方法をご紹介します。

『シャウエッセン(日本ハム)』『アルトバイエルン(伊藤ハム)』『香薫(プリマハム)』の3種類で試してみました。

シャウエッセンは『黄金の3分間ボイル』

『日本ハム』のウェブサイトに掲載されている、シャウエッセンの調理方法はボイルです。

まず、鍋に水を入れて湧かします。

湯が沸騰したら弱火にし、シャウエッセンを入れて3分間ゆでたら完成です。

湯を沸かすのに時間はかかりますが、しっかりと中まで温まりジューシーな感じに。

表面にある余分な脂も落ちるので、スッキリとした見た目になります。

アルトバイエルンはフライパンで炒める

『伊藤ハム』のウェブサイトで紹介されている、アルトバイエルンの調理方法はフライパンで炒める方法でした。

油をひかずに、フライパンを30秒ほど熱します。

アルトバイエルンをフライパンに入れたら、弱火から中火くらいの火加減で転がしながら炒めます。

強火で調理してしまうと、表面が焦げるだけで、中まで温まらないので注意してください。

表面に焼き色がついてきたら完成です。

ボイルよりも炒めたほうが香ばしさを感じられました。また、表面にテカリも出るので、おいしそうに見えます。

調理時間もボイルより短くできるのですが、皮が破けないように炒めるには、経験が必要になるかもしれません。

香薫は沸騰する前に入れる

『プリマハム』のウェブサイトで紹介されている、香薫の調理方法はシャウエッセンと同じくボイル。

ただし、沸騰する前の70~80℃の湯に香薫を入れてボイルするところが違います。

ゆでる時間はシャウエッセンと同じく3分間。

温め終わったら湯を切り、皿に盛り付けて完成です。

シャウエッセンよりも香薫のほうが湯を沸騰させない分、時間が短縮されます。

皮も破けることなく、中までしっかりと温まっていました。

ウィンナーソーセージを『ボイル』と『炒め』で調理する方法

丸大食品のウィンナー『燻製屋』の『じっくり熟焼』は、『ボイル』と『炒め』のいいとこどりをした調理方法です。

ネット上でも『ボイル焼き』という呼び名で話題になり、「おいしい」と評判に!

せっかくなので『シャウエッセン』『アルトバイエルン』『香薫』を使って、『じっくり熟焼』を試してみました。

まずフライパンに、ウィンナーソーセージと大さじ1杯の水を入れます。油は使用しません。

フタをして弱めの中火で温めながら、時々フライパンを揺らしてウィンナーソーセージを転がします。

2~3分経ったらフタを取り、残った水分が蒸発するまで炒め、軽く焼き色が付いたら完成です。

湯を沸かす時間を短縮できるので、ボイルよりも時間はかかりません。しかし蒸されているので、しっかりと中まで温まっています。

さらに短時間とはいえ、炒めているので香ばしさも!

個人的にはこちらの調理法が一番時間もかからず、簡単にできるのでおすすめです。

ウィンナーソーセージを食べる時は、穴を開けないで

CMなどの影響でしょうが、ソーセージを食べる時にフォークを使う人は多くいます。

※写真はイメージ

しかし、せっかくおいしさにこだわって作ったウィンナーソーセージを、フォークで食べるのはおすすめできません。

その理由は、フォークでソーセージを刺してしまうと、ケーシングの中の肉汁が外に出てしまうからです。

食べる時は箸などを使って穴を開けずに食べると、食感もよく、肉汁を無駄にすることもありませんよ。

手軽で簡単、そしておいしいウィンナーソーセージ。

一押しの食べかたや、好きなソーセージの種類を見つけてみてはいかがでしょうか。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape

Share Tweet LINE