@Heaaart

試合前、子供たちが広げたフラッグ その内容に「涙が出た」「世界中に届いてほしい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

2019年9月25日、岩手県で『ラグビーワールドカップ2019日本大会(以下、ラグビーW杯)』の1次リーグD組である、ウルグアイ vs フィジーの試合が行われました。

会場は、釜石市にある『釜石鵜住居復興スタジアム』。この会場は2011年の東日本大震災後に建てられました。

釜石市は東日本大震災で大きな被害を受けた地域です。スタジアムが作られる前、この場所には釜石市立鵜住居小学校が建っていました。

東日本大震災の被災地から、世界への「ありがとう」

試合当日、キックオフ前のセレモニーでは子供たちが大きなフラッグを持って入場しました。

多くの観客が注目する中、およそ30人の子供たちがフラッグを広げると…。

Thank you for your support during the 3.11 Earthquake and Tsunami

「3.11の地震や津波の際は、私たちを助けてくださりありがとうございました」

フラッグに書かれていたのは、世界に向けた感謝のメッセージ。東日本大震災の際は世界各国から義援金が寄せられ、支援の申し入れがありました。

この地にスタジアムが建ち、こうしてラグビーの試合をできるようになったのも、多くのサポートがあったからでしょう。

感動的なセレモニーに心打たれる人が続出し、ネットから反響が上がっています。

・こんなに素敵なセレモニーをテレビで放送しないなんて…!多くの日本人に見てほしい。

・釜石の地にワールドカップが来たことに喜びを感じています。

・客席に大漁旗もあるのが素晴らしいですね。世界に発信してほしい。

・多くのものが失われた町に、ラグビーが戻る。感動して涙が出てきました。

きっと釜石市の「ありがとう」の気持ちは、世界中に伝わったはずです。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@rugbyworldcupjp

Share Tweet LINE