@Heaaart

上司から『不快すぎるセクハラ』を受けた19歳女性 父親に教わった対処法を試すと…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※ 写真はイメージ

ある女性が、10代の頃に体験した出来事をTwitterに投稿。

考えさせられる内容に、世界中の人々から反響が寄せられました。

男性上司のセクハラ発言

Twitterに自身の体験を投稿したのは、ヘザー・トンプソン・デイ(@HeatherTDay)さんです。

ヘザーさんが19歳だった頃、当時ラジオ局で一緒に仕事をしていた40代の上司から、こんな言葉を投げかけられたといいます。

「きみはテレフォンセックスオペレーターになるべきだ」

『テレフォンセックスオペレーター』とは、電話で異性と性的な会話などを楽しむ職業。

上司の発言に「意味が分からない」とヘザーさんが答えると、上司は「冗談だよ」といって笑ったといいます。

※写真はイメージ

笑みを浮かべる上司に、ヘザーさんは真顔で「詳しく説明してもらえますか」と告げます。とたんに、上司は笑うことをやめたのでした。

ヘザーさんは、当時のエピソードを振り返り、次のような考えをつづっています。

その出来事によって、私は『セクハラ』という不適切なジョークについて「何がおかしいのか」を説明させようとすると、相手が笑わなくなることを学びました。

@HeatherTDay ーより引用(和訳)

性的な嫌がらせを指す『セクシャルハラスメント』(通称・セクハラ)を受けたヘザーさんは、とても不快な思いをしたことでしょう。

上司の不適切な発言を流すことなく、き然とした態度を見せたヘザーさんの行動に、ネット上ではさまざまなコメントが寄せられています。

・素晴らしい対応だと思う。若かりし頃のあなたの勇気に、敬意を払いたい!

・よく耐えたね。相手を不快にさせる発言は、冗談に入らないと思う。

・私も上司からセクハラな発言を受けたことがある。その発言の意図を問いただしたら、同じように押し黙っていた。

ヘザーさんが、上司からのセクハラに屈することなく立ち向かった背景には、父親の教えがありました。

私のお父さんは「(セクハラを受けた時に)決して笑わないで。 彼らはあなたが笑うのを見て、『この人にはこういう冗談をいってもいいんだ』と勘違いするから。笑う代わりに、あなたは理由を問いかけ、説明をうながすといい」と教えてくれました。

@HeatherTDay ーより引用(和訳)

「人生の時々で、そういった父親の教えを参考にしてきた」とヘザーさんは語っています。

コミュニケーションのつもりでも、相手を不愉快にさせる冗談は、双方にとって望ましくない事態を引き起こしかねません。

相手に不快な思いをさせないよう気を付けることはもちろん、自らも不適切な冗談を笑いでごまかすことなく、流れを断ち切る勇気が必要でしょう。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@HeatherTDay

Share Tweet LINE