@Heaaart

ディズニー休園中、ホテルに宿泊している人だけに向けて行われた『おもてなし』とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

2020年2月29日から、新型コロナウイルス感染症対策のため休園が続いている東京ディズニーリゾート。

東京ディズニーシーの中にある『東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ』では、宿泊している部屋から園内を眺めることができます。

普段はホテルから多くの人でにぎわう園内が撮影できますが、休園中は働いているスタッフ(通称・キャスト)のみでガランとしていました。

休園中に終わってしまった人気ショー

同年3月25日は、2011年4月28日から始まったショー『ファンタズミック!』の公演最終日。

記念グッズが販売されるなど盛り上がりを見せていましたが、残念ながら最終日は休園により公演中止となりました。

多くのファンがいたショーだけに悲しみの声は広がっていましたが、東京ディズニーリゾートは最終公演日にスペシャル動画をYouTubeで配信。

当日、ホテルミラコスタに宿泊していた松尾彩月(@pippi030)さんもホテルで動画を見ていました。

約23分間の動画を見終わった頃、休園中の園内を見てみるとキャストによるサプライズが行われていたといいます。

多くの人から「感動した」というコメントが寄せられた光景がこちら。

ホテルから見える場所にキャストたちが大きなミッキーマウスの形を作り、手には光る棒を持って「ありがとうございました」と宿泊者に向けてメッセージを送りました。

その言葉に応えるようにホテル宿泊者たちからは拍手が鳴り響きます。

【ネットの声】

・これは泣く…。公演できなくて悔しかっただろうな。

・貴重な動画。こういうところが本当にすごいです。

・休園中なのに、さすがディズニー!号泣した。

休園中にもかかわらず、少しでも楽しんでもらおうとするキャストのおもてなしに感動しますね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@pippi030

Share Tweet LINE