@Heaaart

「めちゃくちゃ泣きそうになるから、やめて」 母親からのLINEにウルッ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

春は、出会いと別れの季節。進学や就職で、新しい出会いに心を踊らせる一方、旧友や家族、慣れ親しんだ環境との別れに切なくもなるでしょう。

24年間暮らした実家を離れ、一人暮らしを始めたAirplane(@airplanehikouki)さんは、母親から届いたメッセージを読み、涙しそうになってしまったといいます。

「めちゃくちゃ泣きそうになるからやめて」

実家暮らしの場合、食事の準備や洗濯など、身の回りのほとんどのことは親が世話をしてくれるもの。

長年の習慣はすぐには抜けず、すべてを1人で行わなければならない一人暮らしに、戸惑いを覚える人は少ないはずです。

しかし、それは親も同じなのかもしれません。

Airplaneさんに届いた、母親からのメッセージには、こうつづられていました。

実家を離れた我が子の分の食事を、いまだに用意してしまうという母親。24年間続いた習慣が、身体にしみついているのでしょう。

『当たり前』がそうではなくなったことを実感した時ほど、切なくなるもの。

母親からのメッセージに、Airplaneさんは「めちゃくちゃ泣きそうになるからやめて」と心境をつづっています。

また、Airplaneさんの投稿に離れて暮らす家族を思い出した人は多いようで、「泣いちゃった」「これは、胸に迫るものがあるな」とコメントが寄せられました。

・家族と一緒にいる時間て短い。今を大事にしなくちゃね!

・離れて暮らしてみると、親の優しさやありがたみがよく分かる。

・時々電話してあげてください。近況や体調を話すだけでもいいので、それだけで親は喜んでくれます。

母親の『慣れ』が抜けるのは、まだだいぶ先になるかもしれません。

習慣になるほど毎日、食事を準備してくれた親に、「ありがとう」と伝えたくなりますね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@airplanehikouki

Share Tweet LINE