HOME

ボリューミーで外ザクザク、中ふんわりな食感がたまらない!浅草名物「ジャンボめろんぱん」

2017/9/8 | 1,990 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

国内からも海外からもたくさんの人々が訪れる人気の観光地「浅草」
神社仏閣や商店街など見どころが多々ありますが、グルメも忘れてはいけません。
今回は数ある浅草グルメの中でも特にオススメしたい「ジャンボめろんぱん」をご紹介します!

 
 

 
 

ジャンボめろんぱんのおいしさのヒミツ

 

元祖ジャンボめろんぱんは、創業1945年の老舗喫茶店「浅草花月堂」の一番人気商品。

 

外はサクサクしており、中はパサパサ感がなくしっとりふんわり。
一度食べたらやみつきになる、ボリューム抜群の絶品メロンパンです。

 
 

 
 

おいしさは勿論ですが、驚くべきはその大きさ!
通常のパンの3倍もの時間をかけて低温で発酵することで、大きくてふわふわのメロンパンができるそうです。

 
 

 
 

なんと、季節や気温、湿度に天候、小麦粉、そして酵母などの状態を見て、毎日製法が変わるそう。
大変な努力によって生み出されているからこそ、これだけおいしく人気があるメロンパンが出来上がるのですね。
お持ち帰りする場合は、保存料等不使用なので、翌日の午前中までにいただきましょう。

 
 

 
 

ジャンボめろんぱんが作られる手法は、一般的なパンの製法よりも日本酒の製法に近いそうです。
さらに、焼きたてを提供したいという思いから、作り置きはしていません。
そのため夕方には売り切れてしまうことも。
ジャンボめろんぱんをお求めの方は、早めの時間に行くことをオススメします。

 
 

ジャンボめろんぱん以外にもいろいろなスイーツが♪

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る