@Heaaart

段ボールとハサミとガムテープ 震災の時に役立つイスの作り方

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2018年6月18日、7時58分ごろに大阪市近くを震源とする強い地震がありました。

水道管が破裂するなどの被害が出ており、今後も強い揺れに気を付ける必要があります。中には避難所で過ごす人も出てくるかもしれません。

災害時などに使える知識をTwitterで配信している、警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai)が、避難所で役立つ知識を投稿しています。ぜひ、役立ててみてください。

段ボールでイス

冷たく固い体育館の床は、直接座っていると足腰を痛め、身体も冷えてしまいます。

そんな時に役立つイスの作りかたがこちらです。

用意するものは厚手の段ボールとハサミ、ガムテープです。

1.段ボールのふたの短い辺の真ん中に切り込みを入れます。反対も同様に切り込みを入れます。

2.切ったふたの先端から底辺の2つの角に向かって、段ボールを折りやすいようにハサミで折り目を付けます。反対も同様です。

3.折り目に沿って段ボールを折り込み、長い辺のふたを閉めます。

4.反対側のふたも同様に閉じます。

5.閉めたふたが開かないように、ガムテープで貼り付けます。

厚手の段ボールを使うと、かなり丈夫なイスが作れます。さらに身長に合わせて使う段ボールの大小を選ぶと、より座りやすいイスが作れそうです。

また、2ℓのペットボトルが入っていた段ボールに、空になった2ℓのペットボトルを入れても頑丈なイスやテーブルとして使うことができます。

普段とは違う環境で、ストレスも溜まりやすい避難所での生活を快適にするために、段ボールの活用方法を覚えておいてくださいね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@MPD_bousai

Share Tweet LINE