@Heaaart

レジで「愛想が悪い!」とゴネる客 後ろの御婦人の『ひと言』に泣きかける

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

接客業に就いた経験がある人なら、職場では「笑顔で!」と指導されたことがあるかもしれません。

客に対し、笑顔で接するのは接客業の基本ですよね。笑顔で接客されるのは、客にとっても気持ちのいいものです。

とはいえ、いつでも笑顔でいられない事情があるのも従業員の本音です。

特に、迷惑な客の前では…。

スーパーマーケットのレジでゴネる迷惑客

スーパーマーケットで買い物をした際、レジで見かけた光景をTwitterに投稿したのは、りちおさん(@richiosan)。

高齢の男性が、レジの従業員に向かって「愛想が悪い!」と文句をいっていたのです。

すると、レジの後ろに並んでいた女性が、場の空気を変えるひと言を発します。

「怖い顔して来て笑えてまあむつかしいことを(怖い顔をして来て笑えだなんて、まあ難しいことを)」

女性の言葉に救われ、泣きそうになっていたレジの従業員を見て、りちおさんも泣きそうに。りちおさんも小売・接客業に従事しているので、レジの従業員の気持ちが痛いほど分かったのでしょう。

りちおさんによると、その女性は上品で貫禄のある婦人だったそうです。

はんなりとした『京ことば』で核心をずばりと突いた婦人の発言に、文句をいっていた男性も返す言葉がなかったはずです。

この投稿には「スカッとした!」「私だったらいえないと思う、ご婦人素敵」「いい話をありがとう!」などのコメントが寄せられています。

婦人の言葉で救われた人は、りちおさんの投稿によってさらに増えたことでしょう。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@richiosan

Share Tweet LINE