@Heaaart

視覚障がい者が迷惑と思う行動 「盲導犬の気を引こうとしないで」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

視覚障がい者に役立ちそうな情報などをTwitterに投稿している、広報かえるくん(@SPkaeru)さん。

盲導犬について『あるお願い』をしたところ、多くの共感を得ています。

いきなり目隠しするのと一緒

視力が極端に悪い、もしくは目の見えない視覚障がい者にとって、自分の目にも等しい存在が盲導犬です。

投稿者さんによると、盲導犬の多くは『ラブラドール』。見た目も可愛いため、すれ違う人が許可なく触ったり、気を引こうとして口笛を吹いたりすることがあるといいます。

こういった行為が「視覚障がい者にとってどれほど危険な行為なのか」を、投稿者さんは次のように指摘しています。

目の見える人で例えるなら、矯正のためにかけているメガネを他人が取り上げたり、歩いている人の目をいきなり隠したりするのと同じことです。本当にやめてください。

視覚障がい者にとって大切な目でもある盲導犬が、突然ほかのことに気を取られるのは、いきなり目隠しをされるのと同じだというのです!

投稿者さんの指摘に、多くの人が共感の声を上げました。

・盲導犬などはハーネスを付けている時はお仕事中なので、邪魔したらダメですよね。

・散歩しているペットでも突然触られたら驚くものです。せめてひと声かけるなりしてほしい。

・以前、私も盲導犬を触ってしまったことがあり、反省しています。こういった気遣いが広まってほしいですね。

盲導犬もペットもパートナーにとっては、本当に大切な存在です。

可愛いと思う気持ちはよく分かりますが、断りもなく突然接触を試みようとする行為は自重すべき。

「可愛い!」「触りたい!」という気持ちをグッとこらえて、一生懸命に働く盲導犬を温かい目で見守ってあげてくださいね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@SPkaeru

Share Tweet LINE