@Heaaart

ある朝、目元に『謎の腫れ』が! 皮膚科受診が遅れた結果…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

ピリピリとした痛みや、小さな水ぶくれができるのが特徴的な、帯状疱疹(たいじょうほうしん)

ヘルペスウイルスの一種によって引き起こされるため、日本では『ヘルペス』と呼ぶ人もいます。

帯状疱疹にかかった経験を、rikko(@rikko157)さんはTwitterに投稿。注意喚起も兼ねて、投稿者さんのパターンを漫画で描きました。

帯状疱疹にかかった体験談が話題に

謎の痛みや目元のはれについて、最初はものもらい(霰粒種)だと思っていた、投稿者さん。

医師の診察によって帯状疱疹だったことが判明しますが、この時、投稿者さんはあまり大ごととは思っていなかったようです。

仕事を優先して皮膚科を受診しなかった結果、まゆ毛の部分に大きめの痕が残ってしまったのだとか。顔の傷痕は自分が気になってしまうものですよね。

「少しでもおかしいと思ったら、すぐに受診してほしい」という思いを込めた作品は拡散され、いろいろなコメントが寄せられました。

・自分も放置したら痕になってしまい、20年ほど経っても残っています。

・治ってよかったです。でも、顔に痕ができるとつらいですよね…。

・帯状疱疹を発症して投薬と点滴を受けたら、たくさんお金が飛んでいきました…。

投稿に寄せられたコメントを見るに、顔や腕に帯状疱疹ができ、痕が残ってしまった人は少なくないようです。

どんな病気も早期発見、早期治療が重要です。「あの時、早く受診していれば…」と後悔することのないよう、迅速な行動をお勧めします。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@rikko157

Share Tweet LINE