@Heaaart

『今と10年前のファッションの違い』の絵に共感の嵐 「着てたー!」「あるあるすぎる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

どの時代も、ファッションにはその時の流行りがあるもの。ファッション誌を読むと、今後流行るコーディネートの特集が掲載されていますよね。

ファッションの変化を描いた、さといも屋(@petit_flare)さんのイラストがTwitterで話題になっています。

以前、さといもさんは『2017年と2007年の女子高生を比較した絵』を投稿し、多くの人から共感の声が寄せられました。

さといもさんが新たに描いたのは、女性のファッションの変化。

2020年と2010年に流行した女性のファッションの特徴を見事にとらえた、1枚のイラストをご覧ください!

2010年代はスタイルをよく見せるためにスカートを短くして足を出したり、ウエストを高く見せたりするファッションが流行していました。

また、全体的に彩度の高いものや、派手な柄などの華やかな服を着ることがオシャレとされていましたよね。

さといもさんは最近の流行ファッションを見ていると、「10代とアラフォーの主婦が似たような服装をしていて、ファッションに年齢の垣根がなくなってきている」と思うそうです。

現代は落ち着いた色合いで露出が少なく、体型をカバーするファッションが好まれているためかもしれませんね。

投稿は拡散され、性別問わず多くの人から共感する声が寄せられました。

・右のファッションが流行ってからもう10年も経ってることにビックリだよ…。

・2010年頃は『森ガール』って言葉をよく聞いたような。

・華やかな右のファッションもいいけど、シンプルで深みのある左のファッションも好きだな。

「ファッションの流行は繰り返す」というのは、よく聞く言葉。現代のファッションは1990年代のリバイバルといわれています。

2010年に流行したファッションも、いつか再び流行るかもしれませんね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@petit_flare

Share Tweet LINE