@Heaaart

書店で働く女性 入店した年配客のマスクを見て、慌てた『理由』とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

書店で勤務している、鈴代(suzushiro_ido)さん。

ある日、鈴代さんが店頭で作業をしていると、若い女性と年配の女性が入店してきたそうです。

その様子を見ていた鈴代さんは、年配の女性がつけているマスクに注目し、ギョッとしてしまいます。

メガネをかけていなかった鈴代さんは、年配の女性のマスクが血で染まっていると勘違い!

夏場ということもあり、「熱中症で鼻血が出たのでは」と心配してかけよると、マスクの赤い部分がバラの刺繍であることに気が付くのです。

「お客様!」と手を上げて声をかけてしまった鈴代さんは、行き場のない手を振りながら、店内を小走りで移動したのでした…。

鈴代さんは一連の出来事を漫画化し、Instagramに投稿。共感や称賛の声が寄せられました。

・勘違いを乗り切るスキルがすごい!

・私はマスクをつけるため、曇りがちなメガネを辞めて、コンタクトレンズを買いました!裸眼だとそうなりますよね…。

・気配りと心遣いが素敵。今回は勘違いとのことでしたが、鈴代さんの行いに感動しました。

鈴代さんによると、「夏の蒸し暑さに加えてマスクを着用しているためか、店内で体調を崩す客が結構いた」とのこと。

そのため、鈴代さんは、熱中症の症状の1つである『鼻血』に対して過敏になっていたのかもしれません。

暑い日が続いている、2020年9月現在。こまめな水分補給などで自己管理を行うのはもちろん、鈴代さんのように、他人の異変に気付いたら積極的に声がけしていきたいものですね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grapesuzushiro_ido

Share Tweet LINE