@Heaaart

ぎっくり腰で苦しむ父親を見た息子が? 無慈悲な『ひと言』が…コチラ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

5歳のハルくんと2歳のマルくんを育てる、キタノ マヤ(kitano_maya)さん。

ある日、キタノさんの夫が、靴下を履く時に急性腰痛症(通称:ぎっくり腰)を起こしてしまったといいます。

ぎっくり腰とは、重いものを持ったり腰を曲げたりした際、突如激しい痛みが起こり、しばらくの間動くのが困難になる症状のことです。

心配するキタノさんとハルくんに対し、次男のマルくんは…。

なんと、乗用玩具で遊んでいたマルくんは、動けない父親をさげすむような目で見ながら「どいて」と、その場から避けることを要求したのです!

まだ幼いマルくんは、ぎっくり腰を起こした父親の痛みや苦しみを理解できず、「ただ寝転がっているだけ」と思ったのでしょう。

それを間近で見たキタノさんは、息子さんの辛らつなひと言に戸惑い、「無慈悲すぎる…」と心の中でつぶやいたそうです。

キタノさんはこの出来事を漫画化し、Instagramに投稿。「パパさんダブルパンチ!」「さすがにパパさんが不憫…!」「分かりすぎてうなずきまくってしまった」などのコメントが寄せられています。

マルくんがぎっくり腰の大変さを理解するのは、もう少し後のことかもしれませんね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grapekitano_maya

Share Tweet LINE