@Heaaart

『110番の日』 警察庁が公開した『不要不急の通報』とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

1月10日は『110番の日』です。

それにちなんで、警察庁は2020年1~11月の間に、全国の警察が対応した110番通報について集計し、その内容を発表。

FNNプライムオンラインによると、2019年1~11月に比べ、2020年の通報件数は、約64万5千件減少したそうです。

通報件数は減少したものの?

通報件数は減ったものの、警察の緊急対応を必要としない電話が全体の約20%を占めたといいます。

一方、緊急対応を必要としない通報は、全体の20%近くを占め、「コロナ禍で県外から親戚が来ているが、帰宅させてほしい」、「スーパーのレジで間隔を空けずに並んでいる」など、コロナに関する苦情などもあったという。

FNNプライムオンライン ーより引用

中には「免許更新の方法を教えて」「子供が言うことを聞かないので警察官が叱って」「家の中にゴキブリがいる」という相談なども。

このニュースに、ネットからは2020年を振り返る声が多く上がりました。

・2020年2~5月頃は、ドラッグストアに大行列ができたり、マスクが買えずに怒りだす人がいたり…大変だったのを思い出す。たくさんの人が、我を失っていたと思う。

・通報が減ったのは、たくさんの人が外出を自粛したからだろうな。

・2020年は『自粛警察』だとか『マスク警察』だとかが現れたからね。冷静になろう。

・家にゴキブリが出たからって通報しちゃだめでしょう…。

警察庁は、通報すべきか迷った時には、まず『警察相談専用電話(#9110)』の利用を呼び掛けています。

困った時に思い出せるよう、「迷ったら『#9110』」とどこかにメモしておいてもいいかもしれませんね。

ただし、一刻を争う場合には、迷わず110番通報をしましょう。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grapeFNNプライムオンライン産経ニュース

Share Tweet LINE