@Heaaart

北海道に春が訪れると… 驚きの光景に「3度見した」「嘘でしょ!?」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

3月5日前後をさす、二十四節気の1つ『啓蟄(けいちつ)』。

啓蟄は、寒さがゆるみ虫たちが土の中から出てくる季節という意味があり、春の季語でもあります。

北海道に春が訪れると、出てくるのは?

北海道教育大学岩見沢校(@HUE_iwaPR)がTwitterへ投稿した、大学内で撮影された1枚が話題です。

投稿されたのは、啓蟄である2021年3月5日。

雪深い北海道岩見沢市にある北海道教育大学では、春の訪れとともに顔を出すのは虫だけではないようで…。

自動販売機にも、春が来てるッ!

なんと自動販売機(以下、自販機)が、雪解けとともに顔を出すそうです。

自販機の上にも雪が積もっているのを見ると、おそらく数日前までは全体が雪に覆われていたのでしょう。

雪から上の部分だけが出ている様子は、「やっと春が来た…」といっているようで、愛着が湧いてしまいますね。

投稿はまたたく間に拡散され、北海道での光景に驚きの声が寄せられました。

・北海道すごい…!寒さに耐えている姿が、応援したくなる。

・啓蟄がすぎると、自動販売機も動き出すのか…。

・ボタンもちゃんと光っていて、壊れてないのがすごい!

担当者さんによると、「本校の自販機に、多数のご心配と励ましの声をいただいておりますが、毎年これに近い状況で頑張ってきたので、今回も大丈夫ではないかなと思います」とのこと。

厳しい寒さに耐え春を迎えようとする自販機の姿に、元気をもらえますね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@HUE_iwaPR

Share Tweet LINE