@Heaaart

靴を履かない園児を説得していた保育士 斜め上の結末に「吹いた」「理不尽!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

かつて保育士をしていた経験を元に漫画を描いている、でこぽん吾郎(@Dekopon_56)さん。

作者のでこぽん吾郎さんは女性ですが、漫画内では大柄な男性保育士の『でこ先生』として登場しています。

『スターマンの靴』

ある日、保育園で自分の靴に駄々をこねる男の子を説得していた、でこ先生。

男の子は、当日保育園に履いてきた靴にプリントされたキャラクターが気に食わないようでした。

でこ先生の説得むなしく、靴を履くことを拒否し続ける男の子。

靴を手に持ったことで鼻との距離が近くなり、異臭を感じたのか、「くっさ!」と叫び、地面に叩きつけたのです!

瞬時に怒りの矛先を変える男の子に、「知らんがな…」と心の中でツッコむ、でこ先生なのでした…。

作品には、さまざまなコメントが寄せられています。

・「くっさ!」で、腹筋が崩壊しました。理不尽!

・吹いた!子育てって、理不尽の連続ですよねえ。

・臭くなるまできみとともに過ごした『スターマン』よ、永遠なれ。

その後も、あの手この手で男の子を説得する、でこ先生の姿が容易に想像できますね!

でこ先生の『実録 保育士でこ先生』が発売中!

でこ先生と子供たちが巻き起こす、ゆかいな日々を描いたコミックエッセイ『実録 保育士でこ先生』が発売中です。

気になる人はチェックしてみてくださいね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@Dekopon_56

Share Tweet LINE