@Heaaart

流産を疑った妊婦 真夜中に病院へ行こうとすると? 「涙腺が崩壊した…」「素敵な話」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

ウェブサイトの閲覧者やSNSのフォロワーから寄せられた実体験を元にした、西山ともこ(nishiyama_tomoko07)さんの漫画をご紹介します。

今回ご紹介するのは、とある女性の不思議なエピソードです。

女性は第1子である長女を生んだ後、一度だけ流産を経験していました。

『もうお空に帰らない』

赤ちゃん、『お空に帰りたい』っていっていないけど?

長女のひと言に、驚いたと同時に、安心したという女性。

「まだ大丈夫なのかな」という期待を胸に病院へ向かった結果、お腹の赤ちゃんは必死にしがみついてくれているようでした。

その後も長女の言葉は女性の救いとなり、たくさんの危機を乗り越え、無事に長男を出産できたといいます。

長女のこの言葉は、長男が2歳になった今でも、思い出す言葉なのだそうです。

【ネットの声】

・泣きながら読みました。女性も息子さんもよく頑張りましたね!長女は分かっていたんだなあ。

・「帰りたいなんていっていない」って本当にその通りですよね。不思議だけど、素敵な話。

・涙腺が崩壊した…。娘さんの言葉が勇気と励みになったことが伝わってきます。どうか幸せであり続けてください。

寝起きにもかかわらず、とっさに言葉が出た長女には、本当に赤ちゃんである弟の声が聞こえていたのかもしれません。

不思議な姉弟の絆は、多くの人の心に響きました。

西山ともこさんのほかの作品はこちら

西山さんの作品を「もっと読みたい」という人は、こちらもチェックしてみてください!

また、単行本『ママにしてくれてありがとう』も好評発売中です。心を癒されたい人は、手に取ってみてはいかがですか。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grapenishiyama_tomoko07

Share Tweet LINE