@Heaaart

母親に厳しく育てられていた女性 ある日突然「話しておきたいことがある」といわれて?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

各家庭によって、子育ての仕方には違いがあるもの。

褒めて伸ばしたり、厳しく叱ったりと、我が子を育てるための方法は親の価値観で異なるものでしょう。

厳しい母親が、ある日突然?

吉田(@irakoir)さんは幼い頃、母親に厳しく育てられていました。

時には泣きながら、母親のいうことを聞いていた吉田さんですが…。

吉田さんのためを思って厳しくしていたであろう母親は、吉田さんが小学3年生になった頃、教育方針をガラリと変えたのです。

周りから「厳しすぎる」と指摘を受けたのか、吉田さんに「本当にごめんね」と謝った日を境に、とても優しくなったといいます。

大人になり、自らも2人の子供を育てる立場になった吉田さん。当時の母親の姿を振り返り、勇気のある決断だと思ったそうです。

吉田さんは母親とのエピソードをTwitterに投稿。さまざまな声が寄せられています。

・同じことが小学3年生の時にありました。吉田さんと同じく、泣きながらいうことを聞く派だったなあ…。

・親のスパルタ教育で箸と鉛筆は右手に矯正されたけど、それがよかったと思う時もある。子育てって本当に難しいのだろうな。

・作者さんが母親を尊敬しているってことは、子育てにプラスだったんだよね、この展開。私も自分の厳しい部分を手放したい!

子供にもそれぞれ個性があるため、子育てには正解がありません。

我が子の心を気遣いながら、子供に合った教育方針を模索していくしかないのでしょう。

周りの意見を聞き入れ、判断することも時には大切だと気付かされます。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@irakoir

Share Tweet LINE