HOME

長年愛されてきた名店の味を堪能しよう!創業95年の伝統ある老舗お蕎麦屋さん「小嶋屋総本店」

2017/12/15 | 3,034 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今回は、新潟県十日町市にある「小嶋屋総本店」をご紹介したいと思います。

 

小嶋屋総本店は、大正11年に創業した由緒ある老舗お蕎麦屋さん。
へぎそばの老舗として長年愛されてきた人気店です。
なんと過去には、5回も皇室への献上も果たしているそう。
現在は県内に8店舗展開しており、様々な場所で手軽に食べられるようになっています。

 

こんにちは、FB担当の石坂です。
すっかりストーブの前から動けなくなった感じですが、早いもので小嶋屋FBページを立ち上げて半年近くが経ちました。この間「イイネ」してくださった方々、本当にありがとうございます。今後も小嶋屋総本店、そして当ペ…

越後魚沼 小嶋屋総本店さんの投稿 2012年11月24日(土)

 
 

(冬に見られる氷の水車も綺麗ですね!)

越後魚沼 小嶋屋総本店さんの投稿 2014年2月13日(木)

 
 

大人数の家族連れやお友達と訪れても安心してゆったりと過ごせます。
和が漂う店内の雰囲気も楽しみながら満喫しましょう。

 

意匠を凝らした壁面が最高のおもてなしをお約束します

越後魚沼 小嶋屋総本店さんの投稿 2013年10月15日(火)

 
 

“へぎそば”についてご紹介します。

 

この「へぎ」、実は「剥ぐ=はぐ=へぐ」のなまりで、木を剥いだ板を折敷にしたもののことであり、ざるそばやせいろ同様、「へぎ」という器に盛られたそばのことを言います。
また持論ではありますが、私どもではへぎに一口ずつ美しく盛ったそばを、“手振り・手びれ”と呼んでおり、これも織物をする時の糸を撚り紡いだ(よりつむいだ)“かせぐり”などからきた手ぐりの動作を言ったもので、全国的にも珍しい織りの目に模した並べ方も織り文化の美的感覚・感性から生まれたものと推察できます。
さらに付け加えれば、この手ぐりはフノリをつなぎに使った滑らかなそばでなければ、美しく盛り付けることが出来ません。手ぐりにしろフノリつなぎにしろ、「へぎそば」は長きに渡る織物文化とそばの食文化が融合して生まれた賜物なのです。

出典:小嶋屋総本店 公式サイト

 

(コシのある食感を楽しみながら頂いてみましょう。)

303034_3

出典 小嶋屋総本店 公式サイト

 
 

メニューをご紹介します。
次のページをご覧ください。
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る