@Heaaart

【無駄】店長の『説教』に、嫌々バイトしてた高校生が改心するも…「そうじゃない!」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

仕事に対する考えかたは、人によって異なります。

特に、アルバイトの場合は「お金がもらえればいい」と考える人がいる一方、「何らかのスキルを身に着けたい」と考える人もいます。

嫌々バイトしていた男性に…

高校時代、コンビニでアルバイトをしていた、ノダショー(@nodasyo03)さん。

「クリエイティブな仕事をしたい」と考えていたため、嫌々働いていたといいます。

※写真はイメージ

すると、店長からこういわれてしまいました。

君はクリエイティブな仕事がしたいとか思ってるんだろうけど、そんなの幻想だよ。

いるのは、クリエイティブに仕事をする人だけ。

このコンビニでもいくらでも新しいことはできる。

名言と呼んでもいいほどの言葉。店長は、ノダショーさんのことを想い、この言葉を贈ったのでしょう。

そして、その想いはしっかりとノダショーさんに伝わりました。

改心したノダショーさんは、早速『新しいこと』に取り組みますが…結論からいうと、店長に激怒されてしまいます。

なぜなら、肉まんを…。

※写真はイメージ

店長の「そうじゃない!」というツッコミが聞こえてきそうな行動。

残念ながら、この時点ではノダショーさんに店長の真意は伝わっていなかったようです…。

とはいえ、ノダショーさんはその後、編集者というクリエイティブな仕事に就き、『DON’ CRY』というメディアを運営しています。当時のことをノダショーさんは現在の気持ちを語っています。

やはり店長の想いは、しっかりと伝わっていたんですね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@nodasyo03DON’ CRY

Share Tweet LINE