@Heaaart

多くの人の心が震えた『おはじき』 ほしくなる理由に納得の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

高畑勲監督が同名の小説を原作として作り上げたアニメ映画『蛍の墓』。第二次世界大戦末期の日本を舞台に、孤児の兄妹が必死で生き延びようとする悲しい物語です。

戦争で食料がなくなってくると、妹の節子がガラスの『おはじき』をアメと思い込み、なめてしまうシーンもありました。

兄の「節子、それドロップやない!おはじきや!」というセリフに、胸を締め付けられた人も多いことでしょう。

おはじき…じゃなかった!

ある日、『蛍の墓』を彷彿とさせるアメを見つけたというB村(@Bmura_nii)さん。

印象的なセリフと共に、画像を投稿すると多くの人から驚きの声が上がりました。

おはじきやない…これドロップや!

なんと、おはじきのような見た目のアメ『あまいおはじき』が売っていたのです!

ネットの声

・え、こんな物が売っているんですか!ほしい!

・節子に食べさせてあげたかったなぁ。

・戦時中にこれさえあれば…節子は。

・夢のあるお菓子。素敵ですね!

この和菓子を生み出したのは、新潟県長岡市にある和菓子屋『越乃雪本舗大和屋』。ほかにも『クレヨン』や『積み木』の形をした和菓子も売っています。

『あまいおはじき』がどのような味なのか、一度は食べてみたいですね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@Bmura_nii

Share Tweet LINE