@Heaaart

新幹線の中にあった小さな紙 使いかたを知って「あー、なるほど!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

鉄道ファンの旅情鉄路‏(@anywhererailway)さんが投稿した、1枚の画像が話題になっています。

その画像がこちらです!

封筒の先端が欠けているような紙袋。一部の人には使い道も分からないかもしれません。

実はこれ、1990年後半まで新幹線などに備え付けられていた、冷水機用の紙コップなのです。

いまでこそコンビニや自販機で、ペットボトル入りの飲料水を買うことが一般的になりましたが、当時はかなり重宝されていたそうです。

特徴的な紙コップを見て、懐かしむ声が寄せられました。

・寝台特急で多く見かけました!こんなにいいものがあるのかと、たくさん飲んだ記憶が…。

・うわ!すごく懐かしい!小学生のころに乗っていた『こだま』によく置いてありました!

・修学旅行の時に、珍しがってみんな持って帰ってました。「時代の最先端の新幹線に乗ったぞ!」という意味で。

ちなみに片方の角がカーブを描いているのは、「飲む時に鼻をぶつけないように」という配慮なのだとか。

初めて見た人には新しく、使ったことのある人には懐かしい紙コップ。古き良き時代を思い出す、素敵な一品ですね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@anywhererailway

Share Tweet LINE