@Heaaart

実写版『アラジン』ジーニーの声優が決定 神キャスティングにガッツポーズ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

2019年6月7日に日本でも公開予定の、実写映画『アラジン』の全貌が、徐々に明らかになってきました。

実写化が決定してから、2018年12月には特報映像が、2019年3月には第1弾となる予告編が公開され、そのたびに大きな話題を呼んでいた実写版『アラジン』。

2019年3月26日には、新たな情報として実写版『アラジン』の日本語版声優が発表されました!

ウィル・スミス演じる、ランプの魔人・ジーニーの声を担当するのは、やはりこの人しかいません。

正解は、新たに公開された日本語版予告編でご確認ください。

もうお分かりですよね。

…そう、ジーニーの声を担当するのは、山寺宏一さんです!

山寺さんは、1992年に公開されたアニメーション映画『アラジン』でも、ジーニーの日本語吹き替えを担当。

さらには、1996年公開の映画『インデペンデンス・デイ』など、多くの作品でウィル・スミスの吹き替えを担当しています。

まさに『アラジン』ファンの期待を裏切らない今回のキャスティング。山寺さんは実写版『アラジン』でもジーニーの吹き替えを担当することについて、意気込みを語っています。

「愛おしいくらい大切で特別な存在。僕を声優として成長させてくれたのも、“声優って難しいけど、最高に楽しい!”と思わせてくれたのもジーニーです」

Disney ーより引用

また、ネット上にあがっている「ジーニーの吹き替えは山寺さんしか考えられない!」という声を受け、「きっと『これぞ最高のエンタテインメント!』という素晴らしい作品になると確信しています。吹替版でもそれがしっかりと伝わるよう、出演声優の1人として全力を尽くします!ご期待ください!」とコメントしている山寺さん。

日本語版予告の中にある、ジーニーの決め台詞「さぁ、3つの願いを」「ショータイム!」を山寺さんの声で聞くと、その期待は確信に変わりますね!

(c)Disney

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape「アラジン」日本語版予告編(吹替版)Disney

Share Tweet LINE