@Heaaart

いま『女の子』で死にたい人へ 絶望から立ち直れた女性のエッセイに、涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

多くの人が抱きやすい、人間関係にまつわる悩み。

森島はむ(@hamu_morishima)さんは、小学1年生の時から周囲の女の子たちとの人間関係のいざこざに、嫌気が差していたといいます。

そんな森島さんが、大人になったいま、自分の経験を踏まえたメッセージをつらい思いをしている女の子たちへ向けて発信しました。

いま『女の子』で死にたい人へ贈るエッセイ

誰かを傷付ける人たちがいるコミュニティを抜け出したかった、森島さん。子どもの時は居場所を選ぶことができませんでしたが、受験をキッカケに、自分の道を選択できることを知ります。

死にたいほど人間関係に悩んでいた森島さんは、さまざまな選択を重ねていきました。その結果、自分の道を選択できない、無力な『女の子』だった時期の苦しみから解放されたのです。

森島さんの漫画に、同じような経験をした人たちから共感する声が相次いでいます。

・当時を思い出して泣きました。

・分かります、大人って本当に楽しい!

・ああ…『女の子らしいコミュニケーション』に、同じように絶望していた時期があります。

・幼いころは学校がつらくて、息が詰まるような思いをしていました。共感しかありません。

現在絶望している人も、いろいろなことが選択できる年齢になったころには、また別の人生を歩めているかもしれません。

いま悩んでいる多くの女の子たちへ、森島さんの想いが届くことを祈ります。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@hamu_morishima

Share Tweet LINE