@Heaaart

増税に合わせて『サイゼリヤ』が価格改定 変更後の値段に「泣けてくる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

2019年10月1日から、消費税率が10%に引き上げられます。

それに合わせて導入された『軽減税率』。酒類や外食を除く食料品を対象に、消費税率を8%のまま据え置きにする特殊な税率です。

同じ食料品でも持ち帰れば消費税は8%、店内で食べれば外食になるので10%の消費税がかかります。

この消費税率の変化に対応し、値段を改定している企業が多くある中、ファミリーレストラン『サイゼリヤ』の価格改定がネット上で話題になっています。

企業努力に泣ける!

サイゼリヤが発表した軽減税率への対応がこちらです。

店内飲食の税抜き価格を引き下げてる!

『ミラノ風ドリア』を例にすると、軽減税率が対象の持ち帰りでは税抜き価格が272円で、8%の消費税をプラスして299円。

同じ『ミラノ風ドリア』を店内で食べると軽減税率の対象から外れるため、10%の消費税がかかります。通常なら税込み価格が304円になるところを、サイゼリヤは税抜き価格を引き下げることで、税込み価格が変わらないようにしたのです。

利用者に優しいサイゼリヤの対応に、ネット上では多くの反響が上がりました。

・ただでさえ安いのに、値下げするとは…学生に優しすぎる。

・企業努力に泣ける。近くにあるので、どんどん行こう。

・原材料も消費税が上がっているから、そっちも負担しているんだよね。

・外食でよく使うので、かなり嬉しいです。

店内で食べても持ち帰りをしても値段が変わらないのは、客としても混乱が少なそうです。

こうした企業努力が、さらなる客を呼び込むのかもしれませんね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape

Share Tweet LINE