@Heaaart

駐車券を失くした若者に、管理人がまさかの対応 素敵なひと言に「ジーンとした」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

駐車場を利用する際、機械から発券される駐車券。利用者が車を停めた時間が記録されており、後に清算をすると駐車場から出ることができます。

しかし、車の運転手の中にはこんな『うっかりミス』をしてしまった経験のある人は少なくないでしょう。

※写真はイメージ

「駐車券を失くしてしまった…」

駐車券は小さなカード。受け取った後どこに置いたかを忘れてしまったり、落としてしまったりするのはよくあることです。

ETS(@EspritToughCars)さんも、そんな『うっかりミス』をしてしまった1人。その後の出来事をTwitterに投稿したところ、反響が上がりました。

駐車券を失くし、管理人に伝えると…

駐車券を失くしたことに気付いた投稿者さんは、ショックを受けました。

基本的に、駐車券を失くした場合は一定額を支払わなければなりません。場所によっては、支払額が1万円を超える場合もあるのです。

「いくら払うことになるのだろう」という不安を感じながら、投稿者さんは駐車場の管理人にこのことを報告。

すると、一見怖そうな外見をしている管理人は、投稿者さんに向かってこのように告げたそうです。

これ、君の車?俺が若かった頃は、車を買ったらどこへでも行ける気がしたよ。

世間では『若者の車離れ』っていわれてるけど、車に乗ってる若者がいて嬉しいね。100円でいいよ。

なんと、管理人は「支払額は100円でいい」というのです。

投稿者さんは大の『車好き』。投稿者さんの愛車を見てそのことを察し、管理人は嬉しくなったのかもしれません。

管理人の厚意を受け、投稿者さんは申し訳なさを感じると同時に心が温まったといいます。

そして、「自分も人に優しくしたい」と思ったそうです。

素敵なエピソードはTwitterでまたたく間に拡散され、多くの人を笑顔にしました。

・他人との繋がりが希薄な昨今、素敵な体験談だと思います。優しさのバトンがつながるといいですね。

・もしかすると、その管理人さんも車が大好きなのかもしれませんね。

・なんて優しい世界なんだ…。他人に優しくされると、自分も「優しくしたい」って思う。

この投稿をきっかけに、多くの人に『優しさの輪』が広がったのではないでしょうか。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@EspritToughCars

Share Tweet LINE