@Heaaart

退勤時に『すごく嫌な予感』を察した保育士 展開に現役の人から「あるある」の涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

子供というものは、予想不可能の生き物。小さな命を守るため、親や保育関係者は常に目を光らせていないといけません。

きっと、子供にとって世の中は新発見だらけ。そのためなんでも触ったり、口に入れたりしてしまうのでしょう。

『画鋲大捜索』

かつて保育士をしていた経験を元に漫画を描いている、でこぽん吾郎(@Dekopon_56)さん。

作者のでこぽん吾郎さんは女性ですが、漫画内には『大柄な男性保育士』の、でこ先生として登場しています。

ある日、ひと仕事を終えて退勤しようとしたでこ先生は、嫌な予感を察知しました。

急いで帰宅しようとしたでこ先生の目に入ったのは…画びょうが外れた痕跡。

このままでは、子供の足に画びょうが刺さる可能性があります。最悪の場合、誤飲にもつながるでしょう。

「早く帰りたい」「でも子供が危ない」という2つの思いをてんびんにかけた結果…でこ先生は画びょうの捜索作戦に突入!

保育士として子供たちの安全のために頑張る姿は、涙を禁じ得ません…!

きっと全国の保育園では、こういった陰の努力によって子供たちが守られているのでしょう。

でこ先生の『実録 保育士でこ先生』が発売中!

でこ先生と子どもたちが巻き起こす、ゆかいな日々を描いたコミックエッセイ『実録 保育士でこ先生』が発売中です。

気になる人はチェックしてみてくださいね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@Dekopon_56

Share Tweet LINE