@Heaaart

泥だんごを踏んでしまった! 焦る保育士に、園児がかけた『まさかのひと言』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

かつて保育士をしていた経験を元に漫画を描いている、でこぽん吾郎(@Dekopon_56)さん。

作者のでこぽん吾郎さんは女性ですが、漫画内には『大柄な男性保育士』の、でこ先生として登場しています。

『ままごとハウス』から出た途端…?

園内にある『ままごとハウス』で、女の子たちとおままごとをしていた、でこ先生。

「お買い物に行ってきます」といい、ままごとハウスから出ると、あるモノを踏んでしまいました。

でこ先生が踏んでしまったのは、園児が作ったと思われる、泥だんご。園児が一生懸命作ったものだと察し、一気に青ざめました。

でこ先生は、泥だんごを作った園児が悲しむ姿を想像したのでしょう。

「どうしよう…」と焦るでこ先生でしたが、その泥だんごは、男の子の園児たちが先生を驚かすために置いた『罠』だったのです!

「ひっかかった~!」と大笑いする男児たちを見て、すべてを悟ったでこ先生なのでした。

【ネットの声】

・子供は何をするにも全力ですね。その泥だんごに、一体どれだけの時間をかけたのだろう。

・でこ先生の顔がチベットスナギツネの表情になっていて、笑ってしまいました!

・まさかのトラップ!でも、悲しむ園児がいなくてよかった。

『不幸中の幸い』とは、まさにこのことですが、でこ先生の心が、泥だんごのように壊れていないことを祈るばかりです…!

でこ先生の『実録 保育士でこ先生』が発売中!

でこ先生と子供たちが巻き起こす、ゆかいな日々を描いたコミックエッセイ『実録 保育士でこ先生』が発売中です。

気になる人はチェックしてみてくださいね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@Dekopon_56

Share Tweet LINE