@Heaaart

十勝産小麦を使ったパンが絶品!1950年創業の老舗店「満寿屋商店」の東京本店がリニューアルオープン!

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

今回は、北海道にある「満寿屋商店」の東京本店をご紹介したいと思います。
北海道帯広で1950年に創業した老舗パン屋さんで、今年でなんと67周年を迎えます。
北海道では6店舗を構え、2016年には東京都内にお店をオープンさせました。
ちなみに東京本店は11月にリニューアルオープンしています。

お店の最寄駅は都立大学駅。駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

299565_1

画像提供:満寿屋商店

▼お店作りにも十勝への愛が込められています。

十勝産「からまつ」の壁材、十勝産「タモ」の大木から切り出したテーブルを配置し、パン本来の素材を強調したインテリア。
内部で生まれる「十勝感」が東京の外へと「繋ぐ」ことを意識し、それがゲートをくぐるようにデザインされたファサードデザイン。
外壁にもからまつを利用し内部とのリンクを保ち、入口としての存在を外を歩く方に惹きつける表現となっています。

出典:満寿屋商店 公式サイト

299565_2

画像提供:満寿屋商店

(パンの香ばしい香りが漂ってきそうです♪)

このお店で売られているパンは全て十勝産小麦100%で作ったものなので、老舗店の味を東京でも食べられます。
ガッツリ系のパンからデザート系のパンまで種類豊富に揃っているので、いろんなパンを食べてみて下さい。

人気のパンをご紹介します。

Share Tweet LINE