@Heaaart

『精霊馬』のアレのクオリティを限界まで上げた結果 「これはテンション爆上げ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

先祖や亡くなった近親者などを供養するため、親族で集まったりお墓参りに行ったりするお盆の時期。キュウリやナスに足を付け、馬や牛に見立てた置物『精霊馬(しょうりょううま)』を作る家もあるでしょう。

『精霊馬』は、霊魂があの世とこちら側を行き来する時に使う乗り物。「早く帰って来ますように」という願いを込めてキュウリで足の速い馬を作り、「ゆっくりと帰りますように」という想いからナスで足の遅い牛を作るといわれています。

※写真はイメージ

最近では、馬よりももっと速い竜や飛行機などの『精霊馬』を作る人たちが数多く現れました。

作品はデフォルメされた馬や牛よりパーツが多く、迫力のある見た目から「ハイクオリティ!」と人々から称賛を受けています。

コッチ方面に進化した

そんな中で、栃木県の那須郡那珂川町に住んでいるMasahito Suzuki(masahito2005)さんが『精霊馬』を自作。

「今年のお盆のお迎えは、ご先祖様がゆったり乗れる馬車仕様にしてみました」というコメントと共に、馬の写真をInstagramに投稿しました。

おおっ、すごい!

ミョウガのたてがみが素敵です!

Suzukiさんは、精霊馬としてなじみのある馬や牛をよりリアルにすることで、クオリティを高めたようです。

そんなSuzukiさんは、牛も一緒に作ったのですが…。

えぇええええーッ!クオリティ、高くないですか!?

どこからどう見ても、確かに牛です!

写真を見た人たちからは、「かっこいい!こんなの初めて見ました!」「バッファローにも見えますね」「これはご先祖様も笑顔」などの感想が寄せられました。

さまざまな動物や乗り物が霊魂のお迎えにくる中、こんな立派な牛が自分のお迎えだったら、ビックリしてしまいそうですね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grapemasahito2005

Share Tweet LINE