@Heaaart

運転士「駅の落し物を乗務員に渡すな」 間違えたら、こんな大変なことに…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

電車の車両内には、さまざまな落とし物があります。急いでいる人が、うっかり落としていってしまったのかもしれません。

大切なものをなくして、持ち主は青ざめていることでしょう。

※写真はイメージ

スマホや定期券、財布などを拾った時には、早く持ち主に届けてあげたくなりますよね。

「すぐに駅員や乗務員に渡せば、持ち主の手元に早く届くのではないか」

そう思う人も多いでしょう。

しかし、近くにいた運転士や車掌などの『乗務員』に渡すと、大変なことになってしまうかもしれません。

落とし物を届ける人は間違えないで!

現役の運転士として働く、運転士スジミ(@sujimi9001)さんが、Twitterに「注意してほしいこと」を投稿。知らずにやってしまっていた、多くの人たちを驚かせました。

スジミさんが注意したのは、「駅で見つけた忘れ物を、電車に乗ってる乗務員に渡さないで」ということ。

なぜ、乗務員に落とし物を渡さないでほしいのかというと…。

電車に乗っている乗務員に落とし物を渡すと、終点駅まで持って行かれてしまうから!

持ち主には、「落とし物を終点駅まで取りに行かなければならない」という苦労をかけることに…。

大変な思いを持ち主にさせないためにも、落とし物は駅の改札や『みどりの窓口』などにいる駅員に渡すようにしましょう。一時的に届けられた駅で保管されるため、持ち主が現れればすみやかに受け渡されます。

善意の行動が裏目に出てしまった…なんてことにならないように、駅員と乗務員の違いをしっかりと覚えておきたいですね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@sujimi9001

Share Tweet LINE