@Heaaart

悪口や陰口を叩かれたら、こう思えばいい! 的を射た考えに、同意多数

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

自分に非がないのに悪口や陰口を叩かれたり、嫌がらせなどを受けたりすると、本当に嫌な気持ちになりますよね。

Testosteroneさん(@badassceo)のツイートした『悪口や陰口を叩かれた時の対処法』が話題になっています。

悪口や陰口を叩かれたら、こう思えばいい

Testosteroneさんの持論は、こういったもの。

「悪口や陰口を叩いたり、嫌がらせをする人はよほどの暇人。プライベートや仕事が絶好調で、ハッピーな人がわざわざ他人をチェックしてケチをつけるはずがない」…。

だからこそ、こう思って流してしまえばいいのです。

「おう暇人!お疲れ!」

他人の弱点を気にするのは『暇人』

もちろん正当な『指摘』や『注意』の場合は、人の話を流さず、素直に自分の非を認めるべきです。

しかし、嫉妬や悪意による『悪口』や『嫌がらせ』は、さらりと流してしまうのが得策かもしれません。

  • スルーを心がけると、悟りをひらいた気持ちになれるよ。
  • 陰口叩く人って、嫌いなものより好きなものに時間を費やせばいいのにって思う。
  • 難しいけど、こういった考えができるようになれたらいいなあ。

「好きの反対は無関心」という有名な言葉があります。つまり、『嫌い』と思っている人は自分に対して少なからず興味を持っているはず。

悪口や陰口にいちいち反応してしまうと、かえって相手を喜ばせたり、調子に乗らせたりしてしまうかもしれません。

ある意味「かまってちゃん」な相手のために、ストレスを溜めるのは馬鹿馬鹿しい話です。相手せず、「暇なんだな~」と流してみてはいかがでしょうか。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@badassceo

Share Tweet LINE